「あの人は凄い事をやっているに違いない」という幻想

 

ドラム上達法

 

どんな物事でも共通している事ですが、

大きな結果を出している人は

「努力の基準値が高い」から

成果を出すことが出来ています。

 

これはドラムで例えると

同じ練習法をしていても

深くまで突き詰めている人が上手くなり、

下手な人はすぐに諦めてしまう、

という感じですね。

 

その結果どうなるかというと、

下手な人は上手くいった人に対して

「あの人は特別な方法を使ったに違いない!」

と思うようになります。

 

これ、大間違いですからね(苦笑)

 

上手くいく人って

努力の基準値が段違いに高いから

成果が出ているというだけです。

 

ですから、

下手な人にとっての「凄く努力した!」という事は

上手い人にとっては「えっ!?それくらい普通じゃない?」

というくらい

捉え方の違いが出てきます。

 

そして、最終的に

下手な人は「凄い方法」を探し求め、

いつまでたっても結果が出せないという現状を

長々と続けていく事になります。

 

しかし、無いものを探しても

見つかるはずはありませんから、

どうしようもないですよね。

 

ですから、そういった

幻想を求めてしまう癖がある人は

早めに卒業するようにして下さい。

 

でもまあ、

人っていくらでも言い訳が思い浮かんでしまうもので

その気持ちもわからないことはないです。

(もちろん僕もそういう経験はありました。

しかし、自分のしょぼい練習量のフィルターを通して

上手い人を見れば、「特別な練習をしているんでないか?」

と錯覚してしまいますよね。)

 

この視点を持ってしまうと

いつまでたっても目の前の自分と向き合えないので

練習に対しての姿勢もおろそかになってしまいます。

 

そしてその結果、

自分で自分の足を引っ張ってしまうんですね。

 

再度言いますが、

凄く上手い人って

特別で凄い練習なんかしてないです。ほんと全然普通です(笑)

 

どんな人でも大体は

誰でも知っているような普通の練習をしていると考えておけば

だいたいOKです。

 

ただ、彼らは普通の基準値が段違いで異様に高いです。

同じ練習法に取り組むにしても

いろんなバリエーションを作ってみたり、

スピードを上げてみたり、

手順を変えてみたりと

あらゆる方法で取り組んでいます。

 

そして、忘れてはいけないのが

この「異常な基準値の高さ」ゆえに

結果が出ています。

 

特別な事はな〜んにもしていません。

 

むしろ彼らは、

そんな特別なものを求めるというような

自分を不容易に可愛がる事は

自分の成長を阻害することだと

本能的にわかっているんでしょうね。

 

ですから、

早く結果を出したいなら

さっさと幻想を捨ててしまって

自分自身の基準値を上げる事に集中して欲しいです。

 

そうすると、

いろんな原因や改善点が見えてくるはずだと思います。

 

参考にしてみてください。

それでは!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す