「何かすごく特別な練習法はないですか?」「それは・・・」

ドラム練習法僕はよく

「今こういうことに悩んでるんですけど、良い練習法はないですか?」

という質問を受けます。

おそらく、このような質問をする方は、

「何かすごく特別な練習法があるんじゃないだろうか?」

という勘違い、というか思い込みが頭のどこかにあるのではないでしょうか。

しかし、残念ながらそういうのは無いです(笑)

 

そんなもんがあったら僕が教えて欲しいくらいですし、

僕自身が上達するためにやってきたことの中にそのような

特別な練習法のようなものはありませんでしたし、

そんな方法が地球のどこかにあるんじゃないだろうか。

と探し求めている場合は辞めた方が良いでしょう。

 

ただ、あえて、こういう質問に答えるとして、

実際に僕が練習していく上で上達に役立ったドラム練習法を一つ言うと、

今の自分では絶対叩けないであろう高速テンポでクリックを鳴らし、

16分音符を延々と叩き続ける、ということをやりました。

 

ですが、これだけだと上達はしません。

これを叩いてる間に、

「もっとラクに叩ける方法はないだろうか?」

「もっとスムーズにスティックを動かせないか?」

「フォームをもっとこうしてみたら良くなるかも?」

 

という風に、ひたすら試行錯誤をすること。

これをかなり長い時間やっていると、

どのようなフォームが疲れやすくて、

どのようなフォームがラクに叩けるか、というデータが

やればやるほど、頭の中に蓄積されていきます。

そして、最終的に、

全ての試行錯誤のなかで一番良かった叩き方だけをひたすら続けましょう。

手も足もね。

 

これが、僕個人的にすごく良かった練習法です。

はっきり言って、全然特別じゃないでしょ?

普通というか、当たり前の発想って感じ。

 

これで基礎力を付けていけば、後々ラクになるので、

ぜひお試しあれ。

しんどいフォームで、疲れてもひたすら続けるというのは

ナンセンスなので、そういうのはさっさとやめましょう。

 

それでは、また明日!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す