【リズムを叩こう!】8ビートにチャレンジ!

エイトビート

今までは8分音符や16分音符など細かいものを取り扱ってきましたが、

今回はついにリズムパターンを叩いてみたいと思います。

 

その名も「8(エイト)ビート」です。

 

8と書いてあるだけあって、8分音符が主役となるリズムになります。

説明するより見てもらった方が速いと思いますので、

まずは下記の動画をご覧下さい!

 







 

8ビートの実践例

この動画では、右手で常に8分音符を刻みながら

スネアとバスドラムを絡めていくというパターンを叩いています。

 

8分音符をしっかりと刻めていれば、バスドラムとスネアのパターンを変えても

同じ8ビートの区分に入れられるので、

特に大事なのは右手の一定の刻みになります。

 

8ビートのコツ

右手で一定のビートを刻んでいる最中に鳴っているスネアのことを

バックビートと言うんですが、

 

この「バックビート」で叩くスネアは

音楽を聴く人が、リズムを取るための基準にされやすく

ぜひともしっかり叩くようにして欲しいです。

 

また、リズムを叩く中でも特に存在感が際立つ音がスネアなので

スネアだけは自分が気に入った種類のものを必ず使うようにするという人も多いです。

 

なので、リズムを刻む反対側の腕もしっかり振って

スネアを大きな音で鳴らすことを意識してみましょう。

 

リズムを叩く時はとにかく縦を意識!

上記で紹介したリズムですが、この譜面をよく見て頂くと

どのタイミングでどの音が重なるかを見つけてもらえるはずです。

line

Aの時は、バスドラムとハイハットが重なる。

Bの時は、ハイハットだけ。

Cの時はスネアとハイハットが重なる。

 

このように譜面を縦に見ると、どの音が重なっているかがわかるので

実際に演奏する時も、どこが同時に鳴るのかをあらかじめ把握しておくことが大切です。

 

リズムを歌ってみるとさらに叩きやすくなる!

最後にもう一つコツをお伝えしたいと思います。

ドラムのリズムを前もって口ずさんで慣れておくと、実際に叩いた時にすんなり演奏しやすくなるという方法です。

例えば、このようなイメージで言葉を当てはめてみます。

voice

こういう風に、「ズチタチズズタチ」と口でリズムを刻むことは

ヴォイシングと言って、れっきとしたドラムの練習法です。

 

イメージトレーニングなどをする際に

ヴォイシングも重ねて行えれば効果は上がりやすくなるので、

ぜひリズムを口ずさむことも平行して行なってみてくださいね。

 

ちなみに、バスドラムの音は

「ズ」もしくは「ド」のどちらかがよく使われます。

ハイハットは「ツ」もしくは「チ」ですね。

 

あと、同時に叩く場合は、

バスドラムやスネアなどの音量が大きい方が優先となります。

したがって、スネアとハイハットを同時に叩く時は「タ」でOKです。

 

周りに人がいる時にやると迷惑なので、

そういう時は頭の中でイメージしながらやりましょう(笑)

 

それでは、ぜひ8ビートにチャレンジしてみてくださいね!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す