【回内・回外】省エネなモーラー奏法の動き

Thomas Pridgenを間近で撮影している動画があったので、

ぜひ見て下さい。

演奏は、

・0:50〜1:30

・2:00〜3:05

・4:50〜6:05

上記以外は、英語のレクチャー部分なので、飛ばしてもらえればと思います。

 

上手い人を見ていて、いつも思うんだけれど、

右手で、右側のシンバル、

左手で、左側のシンバルを叩く時に、

回外運動でサラッと叩くのがカッコいいですよね。

 

特に神保彰さんなんかは、この動きを凄く利用されていると思います。

 

ちなみに、回外、回内とは、コレを参照してください↓

モーラー奏法

 

これは、モーラー奏法を行う上で超重要な動作なんですが、

これを利用すると、めちゃくちゃスティックをラクに動かすことが出来るので、

皆さんもぜひ利用してみてくださいね。

 

それでは!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す