【実践】様々なタム移動フレーズにチャレンジ!

tom

今回は、ドラムセットならではのフレーズを紹介していきます。

それは何かというと・・・「タム移動」です!

 

といっても、今までタムを叩くフレーズを既にいくつか紹介してきましたが、

そこまでタムを叩くフレーズが多くなかったので、

今回はタムがメインのフィルインを取り上げてみたいと思います。

 







 

 

タム移動のド基礎フレーズはコレ!

まずはこのフレーズから挑戦してみましょう。

tom1

構成はとてもシンプルです。

スネア→ハイタム→ロータム→フロアタム

という順で移動していきます。

音符の長さについては

ずっと16分音符で並んでいるだけなので、

出来るだけ均等に鳴らすことを意識しつつ

音量もしっかり出すように注意してみましょう。

 

演奏してみるとこんな雰囲気になります。

最初はこのフレーズを完璧になるまで叩いてみましょう。

特に注意して欲しい所は、

タム移動の時に身体のバランスを崩さないように気を配っておくということです。

 

というのも、腕の移動が激しくなってくると

身体のブレも大きくなる傾向にあるからです。

 

それを避けるためには腕をしっかり伸ばして

積極的にタムの上へスティックを移動させてあげる意識が大切です。

 

なぜかというと、

タム移動の時にバランスが崩れる人は、

腕を縮こませたままタムに移動しようとする傾向があるからです。

 

そうすると、身体を傾けないとスティックがタムに届かなかったりするし

必ずバランスが崩れてしまいます。

 

なので、腕はしっかり伸ばして叩きにいくようにしてみてくださいね。

 

タム移動&休符を挟んだフレーズ

さて、次は少し難易度を上げてみますね。

叩いてみるのはこのフレーズです。

tom2

最初にスネアを16分音符で叩いた後のハイタムが肝です。

これは左手から入るので、そこを正確にしっかり叩くことがコツになってきます。

 

演奏してみるとこんな感じになります。

いきなり速いテンポで練習すると曖昧な感覚のまま叩くことになりますので、

最初はゆっくりなテンポから始めてみて下さい。

 

特に最初は1発1発感触を感じながら打つようにしてみましょう。

 

16分音符の様々なバリエーションを含んだタム移動

次のフレーズは少し音数を増やして忙しくしてみました。

基礎力がしっかりしているかどうかが試されるフレーズですね。

tom3

普段から16分音符を正確に叩けていれば、

タム移動になっていても叩けるはず。

ぜひ挑戦してみてください。

 

演奏例はこんな感じです。

 

最後まで流れを止めずに最後まで叩けたならOKです。

 

普段から手順をしっかり守って練習していれば

意外とすんなり叩けるフレーズなので、

落ち着いて演奏してみてくださいね。

タム移動の応用法を学べるフレーズ

お次はこれ!

tom4

構成自体はシンプルです。

「タカトン」「タンタカ」というフレーズしか出てきません。

 

しかし、こういったシンプルなフレーズでも

タム移動を活用すればバリエーションを出せますので

それがドラムの面白い所です。

 

叩いてみるとこんな感じです。

ドラムというのは、たった一つのフレーズを覚えるだけでも

セット全体を活用させれば簡単に聴こえ方を変えることが出来ますので、

他の音符でも得意なものがあればぜひ試してみてください!

 

王道のフィルインをタム移動で活用!

1小節のフレーズで

「タカタカタン・タカタカタン・タカタカ」

という5−5−4の組み合わせフレーズは非常に使い勝手が良く、

多くのドラマーに演奏されている王道フィルインです。

tom5

重みがあって格好良い響きのフィルインなので、

主にロック系のドラムで出てきやすいフィルインです。

 

では、演奏例はこちら!

これは構成的にもシンプルなフレーズなので覚えやすいですし、
案外叩きやすいフレーズなので、

繰り返し練習して得意フレーズにしてみてはどうでしょう。

速いテンポで叩けると、さらに格好良さが増しますよ!

 

スピード感があってトリッキーなタム移動フレーズ

さて、今回最後のフレーズということで

結構難しいフィルインをご用意しました!

tom6

一見複雑そうな雰囲気ですが、

これは「タタンタタ」という音符の固まりを繰り返したイメージになります。

全体の響きは、

「タタンタタ・タタンタタ・タタンタ」

最後だけ音符が一個少なくなりますが、

そこだけ気を付ければ大丈夫です。

ぜひ叩いてみてください!

 

 

「タタンタタ」の手順は、

「右・左・左・右」で統一しておいた方が正確に叩きやすいので、

そちらも注意して演奏してみましょう。

 

これは、テクニカルな響きのするフィルインなので

いかにも玄人っぽい雰囲気が出せてしまうフレーズです。

 

これが速いテンポで叩ければ

かなり上達している証拠です。

 

だいたいテンポ160あたりを越えてきても余裕で叩けるなら、

なかなかの実力です。

ぜひチャレンジしてみてください!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す