おすすめドラム機材

おすすめイヤホン・イヤモニ

SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE215

SHURE SE215

>おすすめする理由はコチラ

遮音性も音質も装着感も文句なし。

特に欠点はないですが、

イヤモニはスタジオに置き忘れたりとかしたら怖いので、

このクラスを使うのが一番気がラクですし良いですよ!

おすすめスティック

Pearl 110H(ヒッコリー)

110H

>使いやすさがダントツのスティックです。かなり長い期間売れ続けているスティックなのではないでしょうか。

昔はジェフポーカロのモデルとして販売されていたモデルだけあって、非常に完成度の高いスティックです。

Pearl 110M(メイプル)

110M

>もう一つのおすすめスティックは110M。

ジャズやバラードなどで、綺麗で澄んだ音を出したい時にはやっぱりメイプルが良いです。

メイプルは硬くて軽いのが特徴ですので、

パワーを出したい場合はメイプルではなく、上のバーチのモデルにしましょう。

おすすめスティックホルダー

VIC FIRTH CADDY

CADDY

>スティックホルダーは、スタンドにクリップのように挟んで固定するものもありますが、

こちらのスティックホルダーは、ネジでしっかり固定出来るので安定感がダントツです。

ライブでスティックが折れたり、落としてしまった時でもこれがあれば安心です。

おすすめチューニングキー

TAMA TDK10

TDK10

>安いし、シンプルで使いやすいしコストパフォーマンスは最高です。

いろんな形のチューニングキーがありますが、ムダな機能もなく、むしろこれが一番良いです。

上部が細くなっているのでスムーズに回せます。アイデア勝利ですね。

おすすめスティックケース(TAMA STB24J)

TAMA STB24J

TAMA STB24J

>このスティックケースは、フロアタムにセッティングした時に

取り出しやすい位置に4本セット出来る所がすごく良いです。

機能面で凄く優れているし、価格も安いのでこれは特にオススメ!

おすすめシンバルケース

プロテクションラケット 6020

6020

>シンバルケースは中身を入れると、意外と重たくなるので背負える系がおすすめ。

運搬がラクになります。また、その重さに耐えられるような頑丈な作りですし、

防水加工もされていて、ソフトケースの中で最も信頼感のあるケースです。

おすすめヘッド

Remo コーテッドエンペラー

エンペラー

>エンペラーは2枚重ねの構造になっていて、ちなみにアンバサダーは1枚です。

アンバサは確かに鳴りが良いんですが、寿命の短さが弱点だったりします。

しかし、エンペラーは寿命が長く、アンバサよりはオープンに鳴らないものの、

ふくよかで力強い音が出ますので、かなりオススメです。

力強い音が出るヘッドでCS系のヘッドもおすすめできますが、

CSよりもエンペラーの方がまんべんなく広い音域をカバーしているので、

表現力という点でもエンペラーは優れているヘッドだと思いますね。

おすすめスナッピー

TAMA MS42R14S

TAMA MS42R14S

>42本でボリューム感が満点のスナッピーです。

音質は硬め、寿命は長い、反応は少しルーズで重ための雰囲気があります。

他社の42本スナッピーより価格が安いので、コスパも良いです。

おすすめ練習パッド

YAMAHA TS01S

TS01S

>スタンド付きで、最もオーソドックスなタイプです。

スタンド共に軽くて持ち運びしやすいし、安いし、僕もかなりお世話になったパッドです。

静穏性も跳ね返り具合も良い感じです。

Pearl バスドラムパッド BD-10

BD-10

>アマゾンの評価がまちまちなこのパッド(苦笑)

当然ですが、ある程度の音は出ますから、それ前提で購入を決断するといいでしょう。

その音がうるさいと言って悪い評価をしてる人もいますが、

僕が個人的に使ってみた感想を言うと、十分音量は抑えられているパッドだと思います。

むしろこれ以上音量を抑えるのは相当厳しいでしょう。

それにこれよりもうるさいパッドって結構ありますしね。

あと、肝心のふみ心地ですが、

実際のバスドラムを叩いた感覚よりも反応が速くて固い感じです。

ですが、演奏に大きく影響するほどではないです。

これを買う時の注意としては、

床にじゅうたんやマットを敷いているかどうかが非常に大きなポイントです。

でないと振動で動きますから固定するのは不可能です。

そこだけしっかり押さえておくといいでしょう。

値段が安価な割に凄く使えます。

耐久性もあり、すぐにすり減ることも考えられません。

おすすめスネア

LUDWIG LM-400

LM-400

>すごく表情豊かで素直な反応をしてくれるスネアです。

細かく繊細なタッチでもしっかりスナッピーが反応してくれるし、

チューニングレンジも広く、誰にでもおすすめできるスネアです。

とりあえずこれを持っておくと間違いないです。

Pearl CS1450

pearl cs1450

>このスネアは安価ながら、とても鳴りが良いです。

音量がとにかく大きいので、自分で叩きながら「うるさいなあ」と思ってしまうほど(笑)

コスパが良くとっつきやすいので、初心者の方はこのスネアから入るといいでしょう。

おすすめペダル

Pearl P3002D

P-3002D

>最近のペダルはどのメーカーも素晴らしく、性能面ではほぼ変わりません。

しかし、このペダルはフットボードの長さや角度などの微調整が可能な事と、

左右のペダルをつなぐシャフトがどのメーカーよりもスムーズなので、

ペダルを買うならこのモデルを選んでおくと良いでしょう。

チェーンモデルもありますが、ダイレクトの方がスムーズにパワーを出しやすいのでおすすめ。凄く優れたペダルです。

高性能のペダルというと、日本人の僕らはDWやAxisとかに目がいってしまいがちですが、

海外に人からしたら「PearlのDemonペダルすげー!」と言われてるでしょうし、

デーモンは一生使えるレベルで素晴らしい感じに仕上がっていると確信出来るペダルです。

おすすめペダルスプリング

Pearl SP-64F パワースプリング

SP-64F

>通常よりも強めのスプリングです。

ビーターの動きが俊敏になりますので、バスドラムのスピードと音量の両方をアップしたい人は、

ぜひ試してみて下さい。僕は長い事これを使っています。

おすすめ便利グッズ

pearl TNK-10N/10 テンション・キーパー

テンション・キーパー

>ロックなどの音量を必要とする音楽の場合、演奏中にチューニングボルトが緩んで、

ピッチがどんどん下がっていくという経験をしたことはないでしょうか。

特にリムショットを多様する場合、打点に近いボルトは緩みやすいです。

そういう時にこれを装着しておくと、不安なくぶっ叩けるので、

ハードヒッターにおすすめのグッズです。僕も愛用しています。

シンバルクリーナー グルーヴジュース

>研磨剤タイプと違って表面を痛めることなく手入れできるので、

シンバルに優しいクリーナーです。

ドラム上達に役立った本

リズム&ドラムマガジン直伝 技

リズム&ドラムマガジン直伝 技

>いろいろなドラム教本を見てきましたが、消去法でこれが残りました。

基礎知識が不足していたり、自信がない初心者の方はとりあえず買っておけばいいかなと思います

資料として、たまに見返してみるといった使い方でいいでしょう。

「響・巧・極」など他シリーズもありますが、そこまで必要性を感じなかったので、ピックアップしませんでした。

動作でわかる筋肉の基本としくみ

筋肉の基本としくみ

>専門的な内容なので、余裕がある人はぜひ。

最強のヨガレッスン

最強のヨガレッスン

>直接ドラムには関係ないようで、めちゃくちゃ役に立った本です。

姿勢が良くなると演奏も安定しますから、

ツーバスプレイなども安定感が増しましたし、

ドラムを叩いた後もかなり身体がラクになりました。

 

ちなみに、神保彰さんもヨガをしているそうです。

あの安定した四肢の扱いはヨガがあってこそだと僕は思っています。

 

もしヨガを始める場合は、ヨガマットも一緒に買いましょう。

ちなみに、僕は一番人気のあるヨガマットを買いました。

厚さや大きさは十分満足出来るものだったので、一応これも右に載せておきます。

最後に、ヨガを初めてもいきなり効果が出るものではありませんから、

余裕のある方はぜひやってみてください。僕は毎日やってます。