どんな人でもモチベーションが下がる瞬間とは

モチベーション

今日は、少しドラムから離れた話題です。

 

個人的に僕はドラムを叩く事に関して、

 

結構高いモチベーションを持てていると自負しているんですが、

 

それでも演奏する事がダルくて仕方がなくなる時があります。

 

それは、いつかと言いますと、「食後」です。

 

食後というのは、

 

身体の血液が消化器官に集中され、

 

身体を動かすのがどうしても気怠い感覚になってしまうんです。

 

それに、消化するという事は

 

魚や肉、炭水化物などの食材に応じた酵素を分泌させなければいけないため、

 

身体にとっても凄く負担の大きいことなので、

 

身体のエネルギーが他の事に集中させづらくなり、

 

眠たくなったりします。

 

ですから、食べた後に

勉強に集中するとかって結構大変なんですよね。

 

 

それで、この問題にどう対処したらいいかは今も勉強中で、

 

消化というのは、身体のエネルギーの40%〜70%を使用するみたいで、

(色々説があるようで、何%かははっきりしない。)

 

でも、消化にエネルギーを使ってるわりに、

食材から得られるエネルギーは、20%とか30%だったりとか・・・

(それはまあ食材によりけりですけどね。)

 

最終的に、僕の出した結論は、

 

「1日1食のパターンに移行していく」

 

ということです。

 

で、現在は1日2食(朝抜き)で生活しています。

 

 

すると、朝の時間の集中力が凄く上がりますので、

かなり満足出来る結果になりました。

 

 

でね、よーく調べてみると、

200年ほど前は、

日本人は1日2食だったらしくて、

それでも十分生活できてたようです。

 

朝ご飯というのは、そこまで食べる必要もないみたいです(笑)

 

 

西洋の歴史に視点を移しますと、

 

こっちで1日3食が習慣になったきっかけは、

 

エジソンがトースターを発明して、

 

それを売るために、1日3食という習慣を広めたのだとかいう陰謀説もあります。

 

僕からしたら陰謀でもなく、ただのマーケティング戦略で

 

実際にあったことだろうと解釈しています。陰謀にするまでもなく(笑)

 

 

ただ、そんなにいっぱいご飯を食べなくても、

 

ヒンドゥー教とか仏教圏などで、

 

断食が行われていたりしていても十分生きているみたいだし、

 

発展途上国の人達の食事量を見ていると、

 

1日1食にすることに対して、抵抗が無くなってきました。

 

むしろ今までの生活が食べ過ぎだったと反省しなければいけないくらいです。

 

 

だって、ご飯をバクバク食べて、集中力削られて、

また食べて・・・って、

単純にもったいないし。

 

環境保護とかの問題ではなく、人生の充実度って問題でです。

 

 

ということで、

 

今日は、食とモチベーションの関係でした。

 

それでは!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す