スティックの持ち方とメリット・デメリットについて

さて、今回はスティックの持ち方(グリップ)について解説していきます。

いくつか種類はありますが、それぞれのグリップで長所と短所があるので、

使いこなしてもらえればプレイスタイルの幅も広がりますので

色んな持ち方を試してみてくださいね。

 

それでは、まず最初に代表的なものからご紹介していきます。

トラディショナルグリップ(レギュラーグリップ)

トラディショナルグリップ







この持ち方は昔から使われているグリップです。

左手の持ち方が特徴的となっています。

詳しく説明しますと・・・

 

1,まず、親指でスティックを挟む

トラディショナル1

2,薬指の第一関節くらいにスティックを乗せる。小指も薬指と同じように曲げる。

トラディショナル2

3,最後に人差し指と中指を曲げて完成!

トラディショナル3

 

トラディショナルグリップはスティックと手が触れる面積が狭いので

ヒットした後のスティックの返りを活かしやすいです。

また、柔らかい音も出しやすいので

ジャズドラマーによく使われているグリップになります。

 

マッチドグリップ

このグリップは両手とも同じように握るイメージで大丈夫です。

マッチドグリップ

ただし、同じマッチドグリップでも角度によって感覚は違ってきます。

フレンチグリップ

まず最初にフレンチグリップについてですが、

このグリップは手の甲が横を向く形でスティックを持ちます。

フレンチ2

正面から見るとこうなります。

フレンチ1

このグリップの良い所は人差し指から小指まで広い面積で

スティックと触れあう事が出来るので、スティックから来る衝撃を柔らかく受け止められる所です。

 

また、指でスティックをコントロールしやすく

フレンチグリップは特にオススメのグリップです。

 

現代のトップドラマーの演奏を見れば、

実はほとんどがフレンチグリップで演奏されていたりするので、

フレンチグリップの扱いには慣れておいた方が良いでしょう。

 

ジャーマングリップ

さて、次にご紹介するのは手の甲が上を向く形になる

ジャーマングリップについてです。

ジャーマン2

正面から見たらこんな感じです。

ジャーマン1

このグリップの特徴としては、

スティックを人差し指と親指でつまんでヒットさせるのがやりやすいので

その状態でスティックを打面に押し付ける「バズロール」というテクニックを使う時に

ジャーマングリップを活用します。

実は、個人的にはあまり活用しないグリップだったりします。

 

アメリカングリップ

最後に、フレンチとジャーマンの間のグリップがアメリカングリップだという風に覚えておくと良いでしょう。

アメリカン2

正面から見たアングル

アメリカン1

手の甲は斜め上を向くイメージです。

ちなみに、どこからどこまでの角度がアメリカンだという決まりは無いため

これらのグリップの定義は非常に感覚的なものです。

 

マッチドグリップのメリットとは

さて、トラディショナルではなく

両方とも同じように握るマッチドグリップについてのメリットですが、

いくつか挙げてみたいと思います。

 

・同じ持ち方になるので、身体のバランスが良い。

・片方が弱点となる場合は、もう片方の手を手本に出来る。

・握り具合を変えやすいので、持つ強さによって音色を変えやすい。

・指を使ったストロークがやりやすい。

・単純な持ち方なので、コントロールも簡単。

 

というようなメリットがあります。

 

まあ結局は、

ハードロックを演奏する人でもトラディショナルグリップで持つ人もいますし、

ジャズ系でもマッチドで持つ人もいます。

要は好みの問題ですね。

 

ぜひ積極的に試してみて自分に合ったグリップを探してみて下さい。

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す