ツーバス連打の練習法と上達法

ツーバス

今日は、ツーバス連打を練習する際に、ネックというか

足かせになりやすい部分についてお話します。

たぶん、両足連打でつまづいてる人は、

「だいたい皆このポイントでつまづいてるんじゃないかなー」

思い当たる節があるので、そこを重点的に話します。

 

というのも、たまにメールで

「テンポ〇〇の16分音符でツーバスが叩けません!」

みたいなのが届くので、僕の方も困ってるんです。

 

いきなりそんな質問されても、現状がわからないので

とても答えにくいこと限りないのですが、

あえて答えると、おそらく、

「ペダルの構造の理解度が足りないのが一つの原因」

だと思ってます。

 

で、これについてまとめますと・・・

 

1、バスドラムのペダルというのは、バネがついている

2、強く踏めば踏む程、強いリバウンドがすぐに返ってくる

 

この2点をしっかり頭に入れて置けば大丈夫かと思います。

これを理解しておくと、以下のことがわかります。

 

『踏むときは音量をしっかり出すようにする、そうすると、ビーターがしっかり返ってくるようになる。』

『バネがついてるから、ビーターをしっかり返すと、自分の力をあまり使わなくてもラクラク大音量が出せること。』

 

ということは、しっかり音量を出して踏めば踏む程、スプリングを利用でき、

ラクな踏み方になっていくので、スピードも上げやすい。

ということになります。

 

だから、ツーバスの練習とかをしていて、なかなか上達しないと困っている人は、

まず、音量を上げることから初めてみると良いでしょう。

音量を無視して、スピードだけに集中するのは、

あまり練習法としては良くないです。

 

というのは、スプリングやリバウンドを活用せずに

スピード上げようとすると、めっちゃ疲れます、本当にこれはヤバい(笑)

疲れると全てのフレーズに余裕が無くなっちゃいますから、

早いうちに改善しないと非常にマズい事になると思います。

 

ということで、今日はツーバス連打についてでした!

ぜひ参考にしてみてください!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す