ドラムに筋トレは必要か?

drumfi

ドラムを上手く演奏するために

「筋肉トレーニングをする必要があるかどうか?」

という疑問は今だに問われていたりします。

 

今回は、この疑問に対して

正直な所を述べていこうと思います。

よろしくお願いします。

 







 

 

結論から言うと、筋トレの必要性は低い

ちなみに、僕はドラムのために筋トレをしたことは一度もありません。

そして、今までドラムを続けたなかで

筋トレがドラムの演奏に役立ったという人に会ったことはありません。

 

そもそもとして、ドラムというのはスティックを振れて、

なおかつペダルを操作できるだけの筋力があれば演奏することが可能です。

 

この条件は一般的な生活を営める方であれば

大概はクリアしています。

 

スティックが重すぎて持てないという人なんて

ほとんどいないでしょうし、

ペダルが重くて操作出来ないということも

まずありません。

 

とりあえず、歩いたり走ったりすることが出来れば、

ペダルを操作するために必要な筋力は身に付いているので安心して下さい。

 

特に足や脚の部位というのはかなりパワフルな部分なので

筋力的な部分で不安になる必要はありません。

 

それに加えて、ドラムというのはイスに座って演奏するわけですから、

自分の身体の重さをイスに支えてもらっている部分もあるので

歩いたり走ったりするより

脚にかかる負荷は小さいはずです。

 

したがって、ほとんどの人にとって

ドラムを十分に叩くだけの筋力は身に付いているという結論になりますので

筋トレの必要性はあまり無いと言えるでしょう。

 

筋トレが役に立つケース

筋トレというのは、

同じ動作に見えても違った部位を作用させたりして

調整することがあります。

 

これはドラムでも同じで

第三者からの視点から見ればただ単にペダルを踏んでいるだけでも

全然違う筋肉を作用させている場合があります。

 

こういった目に見えない違いを認識するために

筋トレが役に立つ場合があるかもしれませんね。

 

これは筋肉を鍛えるというよりは

狙った部位を使うコントロール力を鍛えるという意味合いなので、

普通の筋トレとは全然視点が違ってくるんですけどね(苦笑)

 

ある程度強めの負荷をかけることにより

使ってはいけない筋肉を作用させたら

すぐに発見できるんですね。

 

ただ、これはある程度筋肉の作用や性質など

事前に知識がないと、そもそも何をやったら良いかわからないと思います。

 

とりあえずは、どういった身体の動かし方をすれば

疲れがたまりにくく、ラクに動かせるかを研究しながら練習してみると良いでしょう。

 

筋トレについてのよくある勘違い

結論として、お伝えしておきたいことは、

筋トレが必要だと考えてしまうと、

「ドラムを演奏する」=「疲れて当たり前」

という図式が成り立ってしまうと勘違いしてしまう可能性があることです。

 

だから、前提として筋トレは必要ないものだと割りきって

ドラムに取り組んでみて欲しいです。

 

したがって、もし身体が疲れた場合というのは、

ご自身の体力不足などではなく、

身体の使い方に問題があるだけで、ドラムを叩くだけの筋力は既に備わっているという風に考えるようにしておいて下さい。

 

そういった捉え方をしていった方が、

効率良くスティックや腕をコントロールしていく事に繋がりますから、

負担が少ない身体の動かし方を探す方へ考えが向きやすいですし、

 

また、なかなか練習が上手くいかなかった場合に

ひたすら無理な練習を繰り返すといった

体力勝負の練習法を避けることが出来ます。

 

むしろ、こういった根性勝負で練習に取り組んでいると、

身体も痛めてしまう可能性があります。

 

でも、スティックのような軽い棒を上手く動かすために

筋トレをするなんて、そもそもとしておかしいんですね。

 

鋼鉄の棒を振るなら筋トレが必要になるかもしれませんが・・・(笑)

そんな重たいものを振ればドラムが壊れてしまいます。

 

ということで、

身体が疲れている場合は

「身体の動かし方」を改善するように考えてみてくださいね。

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す