ドラムの安定感をグンと上げる方法について

drumset

ドラムを叩くという事は、
手足を大きく動かすという事なので
身体のバランスが崩れると
手であろうが足であろうが全体的に演奏がブレてしまい
ミスに繋がってしまう・・・なんてことはよくありますよね。
本日はそういった悩みを解消する方法について書いていきたいと思います。

どういう時に身体のバランスが崩れるのか

ドラマーが身体のバランスを崩す時というのは
曲を演奏している最中に
苦手なフレーズが近づいてきたりだとか
テンポが速すぎてついていけない時などがほとんどだと思います。

そして、一度バランスを崩してしまうと
余計に身体に力が入ってしまい
ますますリズムが崩れていく・・・という事は
ドラマーなら誰しも経験した事があるのではないでしょうか。







身体のバランスを戻そうとしてはいけない!?

基本的に身体のバランスが崩れた時というのは
不要な力が入っている場合がほとんどなのですが、
そういった時に多くの人が
元の状態に戻そうとして
さらに力を入れて身体をコントロールしようとします。

結果的に身体はガチガチに力んでしまい、
足や腕も上手く動かせないようになり
演奏がぎこちなくなってしまいます。

という事は、
崩れたバランスを無理に戻そうとする意識が強すぎると
むしろ逆効果だったりするんです。

抵抗しない事が安定に繋がる

では、こうした問題をどうすれば解決出来るのでしょうか。
実は、身体をコントロールして元に戻そうとするよりは

逆にコントロールせず、身体をリラックスさせた状態にすれば
自然に元に戻る、というくらいの意識を持ったほうが
崩れたバランスも簡単に元の状態に戻ったりするんですね。

また、身体がリラックス出来ていた方が
手足のブレも柔軟に受け取る事が出来るので
演奏のミスにも繋がりにくいというメリットがあります。

ですから、
ガンジーさながらの無抵抗主義が
実は最も安定してプレイ出来るのだという事を
覚えておいて下さいね。

まずは心構えを変える事から始めよう

今回の結論としてはリラックスをして
無理にコントロールし過ぎない方が安定感のある演奏になる
という事でしたが、

やはりリラックスした状態を維持するのは難しいものです。
一度でも身体を力ませる癖が付いてしまっていると
なかなか克服出来るものではありません。

そういった時は自分自身の身体の重みが
どっしりとイスの上に乗っているという
イメージを持つことが大切です。

冷静に考えれば、
腰から上の重みが全てイスに掛かっている状態なら、
少しくらいバランスを崩しても椅子から転げ落ちる事なんて
まずありえません。
演奏中に誰かに突き飛ばされたなら別ですが(笑)

でも演奏が始まるとなると、
気持ちに余裕がなくなってしまい
力が入ってしまうんですよね。

そこをなんとか「大丈夫だ!」と自分に言い聞かせて
ゆるく構えて演奏を続けていると
意外とすんなり出来たりするので、
身体のバランスが崩れがちなドラマーは
意識して演奏してみましょう。
これが出来れば、
驚くほど身体が安定するようになりますので、
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す