ドラムを練習する上での注意点

ドラム練習法

ドラムというのは、

演奏方法が「叩く」というシンプルな動作なので、

適当に練習していた場合であっても、

そこそこのレベルまでは上達しやすいです。

 

そして、楽器の構成もシンプルで、

ギターなどと違って

音階などの理論を知らなくても楽しむ事が出来ます。

 

ただ、この点がドラムを上達していく上で、

落とし穴になりやすいポイントとなってしまうことがあります。

 

どういうことかと言うと、

ドラムはシンプルで楽しみやすいし、

満足感を得やすいゆえに、

 

楽しむことにフォーカスしすぎちゃって、

ストイックに「上達する」ということに対して

おろそかになってしまうケースがあるんです。

 

もちろんそれでいいなら結構ですが、

毎回「今日も練習楽しかったな〜。^^」

で終わってしまうとやっぱり時間がもったいないし、

 

それだとドラム歴がただ長いだけのへっぽこドラマーになってしまいます。

これは単純に考えてカッコよくない。

 

やっぱり人前で実力を発揮出来ることが一番カッコいいし、

それが成長へと繋がっていき、

さらなる喜びを得るきっかけとなりますから、

 

楽しむこともいいけど、

せめて一人の時は自分の弱みとしっかり向き合い

悪い所を改善していく、ということも忘れないようにしましょう。

 

こんな偉そうなことを書いている僕も

昔は練習している時になかなか叩けないフレーズがあった時は、

その部分をビデオで撮影して、

パソコンでスロー再生してどこが悪いか研究する、

というようなチマチマした作業やっていました。

 

この作業はハッキリ言って面倒です(苦笑)

でも、かなり速く原因を見つけられるので、

結果的に時間短縮になるし、

僕にとってはかなり良いドラム上達法となっています。

 

 

特に僕の場合は、ヤマハで習ってたドラム講師から

最悪のフォームを教えられてただけあって、

この作業のおかげでかなり上達した部分もあり、重宝しています。

 

今はデジカメとかでも綺麗な動画が撮影出来たりするし、

スマートフォンでも出来るはず。

 

この作業をしたことがある人と無い人では、

後々かなり差が開いてくるかもしれないです。

なので、

やった事無い人は試しに撮影してみてはどうでしょうか。

 

「腕を動かしてるつもりが全然動いてなかった!」とか

「手首ばっかり使ってた!」

みたいな発見があれば、大したものです。

 

手首しか使ってなかった人が、腕とか指をしっかり動かすようになれば、

音量もスピードもめちゃくちゃ変わりますからね。

 

ということで、ぜひやってみて下さい。

 

それでは、今日はこれにて!

 

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す