ドラムヘッドの音色の違いについて

どんなヘッドを張れば、

どういった音色になるのかを

事前に知識を付けておくと、

 

その音が、ヘッドによる音色なのか、

ボディーによる音色なのか、

チューニングによる音色なのか、

違いが明確になるので、

ぜひこれは見ておいて欲しい動画です。

やはり、ハイからローまでまんべんなく鳴るのが、

アンバサダーですね。

 

特に何のオプションもついていない一般的なヘッドなので、

中心も端も鳴りやすく、表情が豊かです。

 

ちなみに、ハイよりの音を叩きたければ、端をたたけば出ます。

低音を出したければ中心を叩く。

 

 

なので、真ん中にドットがあるヘッドだと、叩いた時に、

真ん中の部分が揺れやすいので、低域が強めになります。

 

どの部分が揺れやすいか、と考えると、

ある程度ヘッドの音色の法則が見えてきますので、

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

では!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す