バスドラムの音量とスピードを上げる秘訣

ツインペダル

 

ドラマーにとって悩みの種になりやすいポイントの一つが
バスドラムの連打です。

腕や指などと比べて
足のコントロールは少し難しいので
その部分について詳しくコツを解説していこうと思います。

まず、バスドラムの音量を上げる踏み方というのは
カカトを上げた状態で踏む「ヒールアップ奏法」が
基本となります。







カカトを下げた「ヒールダウン奏法」もありますが、
カカトが地面についた状態だと
どうしても脚の重みをペダルに伝えにくいので
音量も出しにくいんですね。

フットワークの基礎

では、カカトが上がった状態で
どのように足を動かしていくかというと
最初はペダルを強めに踏み込んだ状態で
維持しておきます。

その状態からカカトを落としつつ
つま先を上下に動かすと
ペダルが動いて音が出るというのが
ヒールアップ奏法の基本となるわけですが、
この動作が上手く出来るかどうかで
大きく結果が変わってきます。

パワーとスピードが出せるかどうかの決定的な違いとは

「カカトを落とす」という言葉を聞くと
重力に従って脚の重みを利用して落とす
という感じに理解してしまいがちです。

しかし、実際は脚を落とすだけではなく、
自分からカカトを下方向へ
動かしていくという作業も大事になってきます。

なぜなら、脚の重みを落とすだけでは
テンポの速い曲などを演奏する場合に
パワーもスピードも足りなくなってくるからです。

でも外見上は、カカトを落とすだけの動作も
自発的にカカトを下方向へ動かしている動作も
判別がつきにくいので、誤解がされやすく

「バスドラムの連打は脚を落とす動作を繰り返すだけ」

という風に考えてしまいがちです。

具体的なパワーアップ方法について

結論としては、
スピードと音量をパワーアップさせるためには
ヒールアップ奏法で
カカトを落とす時には
受動的に落とすだけではなく
積極的に素速くカカトを落とす方向へ
コントロールしてあげるという動作が大切です。

そして、何より重視すべき事は
一瞬でカカトを落とせるかどうかの「速さ」です。

速くカカトが落とせれば落とせるほど
小さい動きでも音量が出やすいです。

したがって、
カカトがスムーズに上下しているかどうかを
確認しながら練習することは
非常に大切となってきますので、
自分自身の足の動きを見ながら練習してみて下さいね!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す