フィルインを入れて華やかな演奏にしてみよう!

フィルイン

8ビートがある程度叩けるようになった後は、

リズムの間に様々なフレーズを入れてみることで、

さらに格好良いドラムにすることが出来ます。

 

また、こういったリズムの間にフレーズを入れることを

「フィルイン(fill in)」と言います。

fillという単語の意味は直訳すると埋めるという意味なので、

そのまんまですね。

 

それでは、このフィルインを使うと

どのようにドラムが変わっていくのかを説明していきたいと思います!

 







まずは演奏例をご紹介します。

こちらの動画をご覧下さい。

楽譜はこんな感じとなっています↓

フィルイン

最初に8ビートのリズムを叩いて、

その後に16分音符のスネアで「タカタカタカタカ」というフレーズが入っています。

 

単純にリズムを叩くだけよりも派手で格好良くなりましたね。

 

ドラムというのは、曲の伴奏をする時には

リズムを叩いて、フィルインを入れて、また別のリズムを叩いて・・・

というイメージで進んでいきますので覚えておいて下さい。

 

他のフィルインも紹介します。

少し難易度を上げたものも載せておきますね。

こちらは、「タタンタ タッタカ」というフィルインが入っています。

手順は、右左左・右右左という風に叩くと正確に叩きやすいです。(右利きの場合)

 

特に注意すべき所としては、

タタンタというフレーズで左手の音が弱くなってしまう人が多いので

両手ともしっかり振るようにすると良いでしょう。

 

また加えて、もう一つパターンをご紹介していきます。

こちらは「タカタン タタンタ」というフィルインが入っています。

扱っている音符は16分音符の形を少し変えただけなので、

きっと叩けるはずです。ぜひ挑戦してみてください!

 

あと実は、このリズムは足のパターンが少し変わっています。

今まではバスドラムを打つ時に単発のみだったんですが、

ここでは、2発連続で打っているので

そこもしっかり音量をキープしながら叩いてみてくださいね。

 

どんな時にフィルインが使われるのか?

あなたは普段どのような音楽を聴いていますか?

もし、ドラマーが演奏している曲を聴く場合は、

どのようなリズムパターンを叩いていて、

どのようなフィルインを叩いているか集中して聴く習慣も付けてみてください。

 

 

そうすると、いくつか法則が見えてくると思います。

フィルインが入る時というのは、ほとんどが曲の変わり目になります。

 

例えば、

AメロからBメロ、Bメロからサビなどのように

雰囲気が変わる時ですね。

 

このようにフィルインがあるからこそ、

サビで勢いが出るように派手に演出したり出来ますし、

反対に、静かなリズムへ移行する時にも

スムーズに雰囲気を変えたりする事が出来ます。

 

リズムが生きるのはフィルインがあるこそですし、

フィルインがあるからこそ、リズムの魅力も増していきます。

 

ということで、音楽を聴く時はリズムだけではなく

フィルインにも注目して聴くようにしてみてくださいね!

 

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す