ペダルコントロールの難しさ

ペダル

今日は改めて

ペダルのコントロールについて書きます。

 

ずばり、ドラムのペダルを上手く扱うコツというと、

いかにスプリングを活用するか、に尽きると思います。

 

どういうことかというと、

 

音をしっかり出す場合は、ペダルを踏んだ状態からビーターが

最大限に返ってきた所で踏むということですね。

 

このように、スプリングの力を最大限に利用すれば、

音量とスピードを上げることが出来ます。

 

 

しかし、これが結構難しくて、

足を離してビーターを返す「タイミング」を間違うと、

場合によっては、全然音が出ないということになりかねます。

 

 

上半身の場合なら、スティックをちょっとくらい早めに振り上げても、

簡単に調整出来るけど、

 

ペダルになると、足を上げるタイミングに正確さが求められます。

(スプリングが強ければ特に重要)

 

足を上げるのが遅すぎても、速すぎても

音量が下がるので、難しい所ですよね。

 

もし、いくら頑張ってもバスドラムの音量とスピードを上げられない場合は、

このタイミングをしっかり見直してみると良いでしょう。

 

 

それに加えて、連打する場合、

ペダルを踏んでから、またすぐにペダルを踏まないといけない。

と考えると、ビビって強く踏めない場合があります。

 

しかし、ある程度強く踏んで音量を出してやらないと、

結局ビーターの返りも弱くなるので、本末転倒です。

 

ビーターを返すことも重要だけど、

ある程度強く踏む事も重要になってくるので、

このさじ加減が難しかったりします。

 

ツーバス連打をマスターしたいなら、絶対に乗り越えないと行けない問題ですね。

 

この感覚がしっかりわかっている方は、

たぶん、ペダルはかなり上手に扱えてるはず。

 

しっかり練習してみてください。

 

 

それではまた!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す