メトロノームについての考え方

メトロノーム

今日の記事はかなり重要です。

なぜかというと、これを意識してもらうだけで

ドラムを上達させるスピードも上がりますし、

練習の質もグッと上げられるからです。

 

それに加えて練習していけばいくほど、

リズムをどんどん安定させていくことが出来るので、

ドラマーなら絶対に最後まで読んでいって欲しいですし、

初心者なら、なおさら集中して読んで下さいね。

では始めていきます。

 

まずメトロノームを使用して練習する前の段階で

意識しておいて欲しいポイントは、

・メトロノームは、合わせにいくものとして考える。

ということです。

 

どういうことかというと、

もしメトロノームのテンポよりモタってきたら、

自分の刻んでいるビートを速めて合わせにいく。

 

一方でハシっていた場合は自分を遅くするという感じで、

出来るだけ合わせにいくように意識することです。

 

こんな当たり前の事を言うと、たぶん

「そんなもんわかっとるわい!」

って思う方がいるかもしれません・・・。

 

ですが!

 

音数が多い曲などを練習する場合、

同じテンポでも、

「詰め込まなければいけない音数」

が増えるわけですよね。

 

そういった場合に、

「音数が多いんだから、とにかく速くフレーズを叩かないといけない!」

という風に捉えて、

メトロノームよりもハシッてしまうケースが多いです。

 

この状態だと気持ちが常に焦ってる状態になりますから、

リズムもたどたどしい感じになります。

 

それに焦りを感じていると、

「メトロノームに合わせること」より、

「メトロノームより遅れないようにしよう! 」

という意識が強くなってしまいがちです。

 

そうなると、

難しいフレーズが来るたびにハシることになります。

これだと他の楽器とは全くグルーヴしないので、

こういった心理面はドラムを叩く前にしっかり考えておいて欲しいです。

 

こういう捉え方の違いだけで、あからさまに演奏に出てくるので。

 

で、今度は逆にモタってしまう場合、

 

これは、

メトロノームは聞こえていないと不安になるタイプかもしれません。

 

どういうことかというと、

メトロノームに完璧にあったドラムを叩くと、

クリック音とドラムの音が重なってメトロノームが聞こえなくなります。

 

この状態が怖いから、モタってしまって、

メトロノームが聞こえるようにモタってしまう癖があるかもしれません。

 

ですが、この癖に従ってしまうと、

常にリズムがブレて芯が無くなってしまいますので、

メトロノームが聞こえない状態を怖がらずにチャレンジしていって欲しいです。

 

他にもモタったり、ハシったりする原因はあると思いますが、

 

最後に、全ての楽器のプレイヤーに意識しておいて欲しいことをまとめると、

 

結局は、テンポ通りに叩くのが一番ラクだということ!

 

これを頭の中に刻んでおいて欲しいです。

 

なぜかというと、

 

モタってしまうと、その分ハシって元に戻らないと、

皆と合わなくなってグダグダになる。

 

ハシってしまうと、その分モタって元にもどらないと、これまた同じ。

 

ということは、

ムダに急いで速く叩いたりしても結局は元に戻さないといけないから、

そんな面倒くさいことするなら、

最初からメトロノームに完璧に合うように練習すればいいじゃん!

ってなるんですよね。

 

それが一番ラクだし皆と合いやすい、良いことずくめ。

 

ということで、

焦っても演奏したりしても、結局はムダになるので、

今日からしっかりテンポを聴いて、どっしりと構えて、

メトロノームに合わせていくように練習していってください。

 

そうすると、音もキレイに並ばせることを絶対意識しなければいけなくなるから、

自然と上達していくことになるし、練習の質も上がります。

 

ぜひぜひ、実践してくださいね。

 

 

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す