リズムをデザインする

今日は、Tony Royster Jr.の動画です。

最初の30秒、少し面白いです。

 

英語がわからない場合は、演奏本編は2:30から見て下さいね。

まさにタイトル通り、クレイジーな演奏です。

 

初めは、メトロノームが4分音符で鳴ってるだけなのに、

そこからの色付けがもの凄いですよね。

 

コレを見れば、「リズムをデザインしている」

という感じが直感的に理解してもらえるのではないでしょうか。

 

フレーズによって、ただのメトロノームがリズミカルに聞こえたりしますから、

面白いですよね。

 

この演奏は、ドラマー全員に見ておいて欲しいくらいの動画です。

 

 

ということで、今日はこれにて!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す