上達するために必要とされる能力

ドラム上達法

 

今日は、スキル習得&上達法に関してのお話です。

どんな物事でも長く続けていれば上達することはするんですが、

 

じゃあ「ただ単に何も考えずに長々と続けていれば良い。」

といっていいほど、ものごとは単純じゃないんですよね。

それだと、早い段階で限界が来てしまいます。

 

なので、そうならないための方法論を提示したいんですが、

それは学んだ物事を自分自身に当てはめる能力を鍛える事です。

 

ほとんどの人は新しく学んだことをそのまま使うことしか考えません。

 

というのも、これは日本の「答え合わせ教育」が影響していて、

教えてもらったことをバカの一つ覚えで

同じことを延々と繰り返すロボット人間になってしまうような・・・

そういった教育を受けてきているというのが一つの原因でしょう。

 

だから、学んだことを自由自在に使いこなそうとする習慣がないんですよね。

 

それだと、何にチャレンジしても上達する可能性は低いです。

 

せっかく頭の中に高性能な脳みそが頭に入っているのに、

誰も使おうとしない。

これは一種の悲劇です。

 

なので、短期間でドラムを上達したいというなら、

その答えは簡単。

 

学んだ事を自分の武器として使えるようになるまで深く理解し、

練習する習慣をつければ良いんです。

 

そうすれば、自分自身の力は日に日に上がっていきますから、

最終的に凄いレベルに到達することが出来ます。

 

一方で、これを実行していない人は、

他人の考えに従う奴隷思考に慣れてしまっているんで、

かなりヤバいと思った方が良いです。

 

どんなに練習していても、他人に従っているので自分の力にならない。

どうやったらわからない。

そして、自分が何をやりたいのかわからなくなっていきます。

これって怖いでしょ?

 

なので、自発的に自分のスキルを磨いていく姿勢が重要になってくるというわけです。

これがまあ大変なんだけど、この方法を続けることを

「継続は力なり」

と言います。

 

他人の言ったことを続けるだけじゃ、ただの「バカの一つ覚え」でしかないです。

 

間違っても自分自身の主導権は

他人に奪われないようにしていきましょう。

 

ということで、今日はこれにて終わります。

ではまた!

 

 

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す