不安定な状態こそが本当の安定!?

drumset

 

あなたは、本当にリラックスが出来た立ち方や座り方というを意識していますか?

 

これはドラムを演奏していく上で、

かなり重要な部分なので、詳しく説明しますと、

 

本当にリラックス出来ている姿勢とは、

無駄な力が入っていない状態なので、

その状態のまま長時間継続しても

疲れがたまることはありません。

 

しかし、

立ち方が上手い人は、

力が入っていない分、

かすかにゆらゆらしているというのが実際のところで、

彼らは常にバランスを取っているというのが正常な表現になります。

 

身体の内部では、

そのゆらゆらしているバランスを元に維持するために

ごく小さな筋力をいつも使っているんですが、

 

もちろんそのゆらゆらは目に見えるほど大きなものでは無いので、

立ち方が下手な人と見分けがつきません。

 

上手い人ほど、その不安定なゆらゆら状態を

最低限の力で維持する事が出来るので、

身体にほとんど負荷がかからない姿勢を

続けられるますし、

リラックスしている分

集中力も続きやすいはずです。

 

下手な人の場合は、

同じように立っているだけでも、

姿勢が傾いていたり、

一つの方向に体重をかける癖があったりして、

バランスを一つの所に集中させて

安定させようとする傾向があります。

 

それだと、身体の1部分に負荷がかかるので、

もし限界がくれば、

腰痛になったり、脚が痛くなったり、

身体からのサインが出てくるかもしれません。

 

ただ本人はバランスを取ろうとしてやっている事ですから、

安定させる事が目的のはずですが、

この状態は、安定とは言いがたいですよね。

 

なので、本当に安定して身体を上手く使ってやるには、

不安定を「安定的」にコントロールすることが大切になってきます。

 

ドラムを叩いている最中なんかは、

手足を動かしているから

バランスはしょっちゅう崩れています。

 

しかし、その間でも最小限の力で、

身体のバランスを維持してあげると、

手足の動きが軽くなったりします。

 

身体全体だけでなく、

手先、足先でもこれは同じで、

肘や脚、指など細かい所のフォームを最低限の力で維持する事で、

スピードアップにつなげる事ができます。

 

ドラムが上手くなってくればくるほど、

この考え方が重要になってきて、

おそらくこのリラックス度合いが必要になってくる段階に近づくほど、

多くの人の上達が止まります。

 

その原因を考えてみると、

初心者から中級者くらいのレベルですと、

やみくも叩いていても大体は叩けてしまったりするんですが、

「その考え方を持ったまま」

中級者から上級者へのステップアップを

目指してしまう、というのが根本的な原因でしょうね。

 

現状の安定させる方法を見つけてしまうと、

誰でも新しい不安定な方法に移行するのは怖いことなので、

本能的にそうなってしまうのだと思います。

 

その上にいろんなテクニックを積み重ねてしまうと、

ドラムを叩くことが苦痛になってしまったりする人も

いるかもしれません。

 

ですから、本当の安定を手に入れるなら

不安定な状態を支配することがコツになるんです。

 

というのが、今日のブログの結論です。

 

 

ただ、これは身体だけじゃなくて、

考え方の部分もそういう風に出来ていて、

 

あなたが、この記事を読んでいるという事は、

ドラムを叩くことに不安があるからこそ、

この記事に辿り着いたはずですよね。

 

その不安があるからこそ、

安定を求めるために行動を起こして

いろんなものを学ぼうとした結果、

これを読んでいるはずなので、

不安定なものと向きあう事って

かなり価値があることなんです。

 

現状に満足していれば、

こんなHPなんか見ていないはずですので(笑)

 

自分を成長させていくということは

前提条件として不安定な状態があるからこそ

好奇心が沸き起こり、

その結果、知識も広がるし、

より面白い物事が発見できるという流れになります。

 

そうすると、

どっちが楽しくて面白いかは答えは明確で、

身体も考え方も

不安定な状態こそが

実は安定的に健全な精神と身体を手に入れるステップになるので、

ぜひぜひ不安定を歓迎して受け入れるという事をしてみてください。

 

 

そうすると、

安定志向こそが本当の敵だと気づいちゃうかもですね。

 

ということで、本日は以上です!

 

また!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す