人間らしい生き方とは

上達法

今日は、マインド系の記事を書こうと思います。

 

日々のブログの内容は、

ドラムのテクニック系とかでも良いんですが、

 

最近いろんな方からメールとか送ってもらう中でも、

思考法とか、そういう系の記事の方が

わりと人気がある、という発見をしましたので、

 

こういう系を増やしていこうと思います。

 

マインド系の文章は書くのが大変で時間がかかるんですが、

頑張って更新していく予定です。

 

 

ということで、始めていきます。

 

今日は【人間的な幸福】についてです。

 

 

喜びや幸せというと、当然ですが、

 

人間と動物の間で大きな違いがあります。

 

動物は、基本的に本能で生きていますから、

質の高い喜びを追い求める、ということはなく、

 

食べたいエサがあるから食べる。

眠たいから眠る。

危険を感じたらすぐ逃げて安全を確保。

 

という感じで、欲求があればストレートに行動に出ます。

 

 

しかし、人間の場合は、違います。

 

動物のように、同じことばかりやっていても飽きますし、

質の高い喜びを手に入れることは出来ません。

 

それは、何故かというと、僕の個人的な意見としては、

 

人間は、動物と違って、

成長することが出来るから。

 

というのが、大きなポイントだと思っています。

 

もちろん、毎日同じことを繰り返しても良いんですが、

 

僕たち人間の先祖は、成長することの喜びを知ってしまったがゆえに、

脳みそが発展した、という風に考えることが出来るんじゃないかと思うんですね。

 

だって、考えてみて下さい。

 

頭が良くなって、いろいろなモノが発展すれば、

 

・家を建てて、安全を確保できる。

・場所関係なく、会話が出来る。

・美味しいものを発見し、堪能できる。

 

その他もろもろ・・・。無数にあると思います。

 

このような発展を繰り返してきた結果、

ヒトには、好奇心が根付いてしまったんじゃないか、

と思ったりするわけです。

 

 

麻薬中毒的な感じで、

人間というのは、好奇心ジャンキーという風に考えても良さそうです。

 

まあ、もっと綺麗な言葉で表現すれば、

成長することに対して喜びを得る事が出来るということです。

 

 

だから、知識欲のようなものは大事にすべきだし、

やりたいと思っていることがあるならば、すぐにやるべきだ、

という風に僕は常々思って生きています。

 

 

麻薬中毒者が麻薬を切らされると怒るように、

 

成長したいとか、やりたいことがあるのに、

やらなければ、欲求不満な状態になるし、これはストレスになります。

 

僕は、この点が、

動物ではなく、人間らしさの核だと思っています。

 

 

すごくわかりやすく言うと、

犬が、

「今日はお手をマスターできなかった!悔しい」

とは思わないけど、

 

人間は、

「今日は、数学のテストで100点取れなかった!悔しい!」

と思うということです。

 

 

だから、成長というのは、人間の欲求を満たすために必要な行為なので、

食欲を満たすことと同じように、

日々色々な事を学び、成長して、

好奇心を満たすべきだと思っています。

 

 

だから、勉強することは、本来は楽しいことなんです。

 

やりたい事があるんだけど、まだそのスキルが無いなら、学べば良いだけ。

 

そして、そのスキルが必要だから、学ばないといけないのは当たり前なので、

 

学ぶのは、楽しい事です。

 

勉強机に座ってガリガリと勉強することは、遊びと同様に楽しい事なんです。

 

 

だから、今の自分がやりたいことがあるなら、存分にやるべきで、

自己啓発本とかを読んでる時間などは無いんですよね。

 

 

で、今の自分よりもハードルの高いことに挑戦をしていって、

失敗して、失敗して、失敗するという(笑)

 

それで、良いんです。

 

ハードルが高くて失敗が混むというのは、

脱落者が多いということなので、

それが成功した時は、周りとは比べ物にならないくらい

成長していることでしょう。

 

 

ちなみに、これはポジティブ思考ではないです。

 

というか、僕は、

無理やりポジティブ思考になろうとしている人は、

結構嫌いなんです(笑)

 

だって、

ポジティブ思考って、

ネガティブなことをキチンと評価できにくいので、

 

自分の弱みを把握しにくいという欠点があるんです。

 

 

本当の意味での成長を求めるには、

一旦ネガティブになって、自分の悪い所、弱い所を

受け止めなければいけません。

 

そして、次はポジティブな立場になって、

改善していくというステップが大事なので、

 

ネガティブもポジティブも必要なものなんです。

 

だから、無理やりポジティブな考え方をしようとする人は

僕とは相性が悪かったりします。気持ち悪ささえ感じます(笑)

 

 

だから、一番良いのは真ん中に立つこと、

俯瞰的な視点で、両極を意識すること。

 

これが成長を早めてくれます。

 

 

クソしょぼい自己啓発書とかは、ポジティブ思考をすすめていますが、

こういうのは、あんまり良いとは思えないですよね。

 

 

ということで、そろそろ長くなってきたので

まとめに入ります。

 

この文章で伝えたかったことは・・・

 

腹が減ったらメシを食べるように、

好奇心を感じたら、勉強しまくろう!

 

ということです。

 

ドラムを上達したいと思うなら、

好きなだけ練習しましょう。

 

極端な話、それが面白くないなら、

ドラムをやめたらいいです。

 

でも、一つだけいいことを教えてあげましょう。

 

 

ドラムって上達して、

いろんなフレーズが叩けるようになると

本当に最強レベルで楽しいですよ。

 

僕は8年くらいドラムをやっていますが、

今だに楽しいですからね〜。

 

 

ということで、今日はこれにて!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す