何をするにも、一番やばいのは不感症である。

ドラム上達法

「自分は、超絶にドラムが上手いです!」

と言う人はなかなかいません。

一方で、

「自分はすっごくドラムが下手くそで、なんとかかんとか・・・」

と言う人は結構います。

 

そして、僕は聞きます。

「では、あなたはどうしたらいいと思いますか?」

 

だって、ダメな所があるなら直そうとするのが普通じゃないですか。

そして、そのダメな所というのは、あなた自身が一番わかっているはずです。

 

ということは、

「自分が下手だ」とわかっている人というのは、

上達するために、どこを直すべきかわかっていることになりますから、

十分上達していく余地はあります。

 

それよりも一番良くないのは、

「何も感じないこと。」です。

自分のダメなポイントはわかっているのに、

何も考えようとしない、何も行動を起こそうとしない、

これが何より一番ヤバい。

 

他者依存の癖がしっかり身についていると、

こういう習慣が自然と身についてしまいます。

 

この習慣からいち早く脱出するためには、

僕のドラマーズバイブルという教材の中では、

「インテリジェンス能力を高めること」と言う風に説明しています。

 

世の中には、無駄な情報から、有用な情報まで

数多くのインフォメーションが氾濫しています。

 

その中で、自分にとって必要なものを抜き出していく、

もしくは、創り出していく能力、ということが今の時代は特に必要です。

 

このような、インフォメーションのインテリジェンス化が出来ないと

死ぬまで振り回され続けることになります。

 

例えば、

「〇〇ダイエット法を開発した!」「〇〇奏法を生み出した!」

みたいなことを聞くと、落ち着いていられない人はマズいでしょう。

抽象化能力が欠如している人は、

このようなノウハウに振り回されて、結局、何をやってるかわからないまま人生を過ごしていくことになります。

 

知識には階層があることを理解していないだけで、多くの人生時間を損することになってしまいます。

 

そうならないために、普段からしっかりと

自分の感性、フィルターを張り巡らし、

いろんなものから学びを受け取れるような体勢を常に作っておきましょう。

 

他人からのアドバイスや反応なんかは特に大事。

こういうのは、しっかりと受け取って利用したい所です。

 

ってな感じで、今日は以上です。また明日!

 

P.S

自分のフィルターを強める方法を知りたい人は

ドラマーズバイブルを手に入れてください。

ここで説明すると長くなりそうなので(笑)

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す