何度練習してみても叩けない時の処方箋

drumset
曲の練習に取り組む時などに
「絶対にここだけは決めたい!」
というフレーズってありますよね。

 

例えば、
手数が多いフレーズであったり、
他のパートが休みでドラムだけ目立つ所であったり・・・

しかし、絶対に決めたいフレーズというのは
難易度が高いものが多くなってきますし

こうしたフレーズに限って
「いくら練習しても叩けない!」という
悪循環に入ってしまうことがあります。

気持ちが焦るばかりで身体がついていかないことは
楽器のプレイヤーにはよくあることです。







では、この時にどういった方法で
改善していけばいいかを
アドバイスをしていきたいと思います。

まずは身体と気持ちをほぐしてあげよう

特定のフレーズを何度も練習して失敗を繰り返すと
気持ちに焦りが感じられると思います。

 

そして、そういった時は
上半身が前のめりになっていたりして
身体のバランスが崩れてしまっている事が非常に多いです。

 

こうなると、身体のバランスを取るために
逆方向へ身体を動かすための筋力も必要となってきますから、
どんどん身体が固まっていきます。

 

しかし、力んだ身体では
思い通りに手足をコントロールすることは出来ませんし、
メンタル的にも焦りや緊張が強くなってしまいます。

 

それを改善するためには、
一旦休憩を入れて身体をリラックスさせてみましょう。

身体の緊張がほぐれれば
気持ちの方も冷静になってきますので
リラックスを維持しながら
再度練習に取り組んでみて下さい。

腕や脚の伸びに注目しよう

 

さて、身体のバランスを維持できるようになった後は
腕や足などの動きに注目してみましょう。

スムーズに手足をコントロールするためには、
腕や脚がしっかりと伸び縮みしているかどうかが大切です。

 

特にシンバルやタムなど身体から遠い場所を叩く場合には
肘が伸びているか確認してみると良いでしょう。

 

この時に腕が曲がった状態で固まっていると、
その分上半身を傾けないと
スティックが届かないようになってしまいますので

その結果、身体のバランスが崩れ、
気持ちの焦りに繋がってしまいますから、
自分自身のフォームを確認しながら
練習することはとても大切です。

自分自身のフォームの崩れになかなか気づけない

 

ここまでアドバイスしたことって
実は特別なことでもなんでもなく、
当然のことばかりだったと思います。

 

しかし、いざ練習に取り組んでみると
知らないうちにフォームが崩れているということは
よくあるので注意をしておいて下さい。

 

というのも、僕自身も昔は
手数が多いフレーズを練習している最中に

気持ちの上ではいつも通りのフォームで
叩いているつもりだったんですが、

 

撮影した練習風景を後で確認してみると
苦手なフレーズを繰り返しているうちに
もの凄い前傾姿勢になって
身体もガチガチに固まったまま動かしていました。

 

それに加えて
気持ちも焦って汗が滝のように出てきましたし、
こうなると、
せっかくの練習時間も辛いものになってしまいます。

他の楽器よりもドラムは上達させやすい理由

 

身体面と精神面の両方がリラックス出来ていてこそ
自分自身の実力が発揮されますし、
練習でも充実した時間を過ごすことが出来ます。
これは人前でライブ演奏をする時でも同様です。

 

心と身体というのは強く繋がっていますので
気持ちを落ち着かせたい時は、
身体面のフォームの崩れを直すことで改善出来ます。

なので、気持ちが焦っていれば、
身体の力みも強くなってしまいますよね。

 

ですから、気持ちの焦りというのは
結局は身体の動かし方という
目に見える形で出てきてくれるわけですから、

 

それにドラムというのは、全身を使う楽器なので
他の楽器と比べて弱点が浮き彫りになりやすいです。

 

ということは、
自分が何を練習すべきか発見しやすいはずなので、
ドラムって他の楽器よりも上達させやすいかもしれませんね。
それでは、ぜひ参考にしてみてください。

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す