初心者がハマりやすい落とし穴

ドラム練習法

今日お話しすることは、

明らかに間違った効率の悪いドラム練習法についてです。

 

これは特に初心者の方とかに多いケースかもしれません。

 

僕も昔やりましたが、

どういう練習法かというと、

「あえて〇〇を使わずに練習する」という方法です。

 

 

具体的に言うと、

フットワークを練習する時にカカトを地面にくっつけて、

スネを鍛えるみたいな場合とか

 

上半身だと、腕とか手首は固定して、

ひたすら指だけを使うみたいな場合ですね。

 

こういった縛りプレイ練習法は、

明らかに成長を遅くさせるし、

限界点が明らかに低い奏法で練習してるので、

速く上手くなりたい人や自分の限界点を

どんどん上げていきたい人はやめましょう。

 

あと、この練習法は危険です。

 

なぜ危険かというと、

この練習法をすると身体が疲れて簡単に練習した気になれるので、

時間がたつに連れて、

練習する事が目的となってしまう可能性があるからです。

 

本来、練習する目的というのは上達する事であるはずなのに、

練習することだけで満足してしまうという

矛盾したサイクルに入ってしまいます。

 

挙げ句の果てには

こういうバカな練習法を教えるドラム講師も世の中にはいるっぽいので、

ここらへんは注意するようにしましょう。

 

 

そういう風に自分を縛るよりも、

まずは正しく理想的なフォームに近づけていき、

そのフォームを繰り返し使いこなしていく方が

上達は早くなります。

 

なので、もし今日のブログを読んでドキッとした人は

是非思考の角度を変えてみてはいかがでしょうか。

 

身体の動かし方って工夫次第で

一気にラクになったりするので

新しい発見があると思いますよ。

 

 

ということで、また明日!

 

 

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す