名著:S.スマイルズの自助論

自助論

 

今日は、最近読んだ本について書いてみます。

その本は、1859年に出版された「自助論」

 

このような100年以上前に書かれた本を読むときは、

どうしても古くて、現代に当てはめる事が出来ない内容が入ってくるから

使えないんじゃない?

と思ってしまう人がいるかもしれませんが、

それは、「私はIQが低いです。」と言ってるようなもの。

 

抽象的なことをしっかり考える事が習慣づけられていたら、

自助論はかなりためになる本です。

 

結局、今の人たちも2000年くらい前の人たちも

行動の源泉となるモチベーションはそれ程変わってないので、

すごく参考になります。

 

それに、このような名著とかを読むときは、

頭の良い人の考え方や経験、知識を感じることが出来るので、

めちゃくちゃ勉強になり、好奇心も満たせるので、僕にとっては楽し過ぎます。

 

なので、

一般的な人は、旅行とか飲み会とかに娯楽を求めているのが

僕にはあまり理解できなかったりします。

 

本を読めば、いろんな経験を自分自身が疑似体験出来るので、

僕にとっては読書が旅行のようなものだし、

遊びの一環であるし、その上、生きる上での選択肢を増やしてくれる

最高の娯楽になっています。

 

ということで、

読書の習慣が無い人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

 

僕は、このような読書の経験を人よりも100倍ほどはコツコツと積み上げているので、

それらの知識がドラムの上達法を与えてくれたり、

新しい練習法を見つけさせてくれたりしたので、

苦手意識を持たずに、最低でも年間100冊くらいは読んで欲しいなと思います。

それくらい読んでいれば、当たり前のように人生が変わるので、

特に若い人は今のうちから勉強して欲しいなと思います。

 

それでは、今日はこれにて!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す