基礎練習よりも大事な部分とは

ドラム上達法

世の中にはいろんな練習法上達法がありますが、

その中でも自分の実力を

しっかり底上げしてくれるような練習法はどういったものか?

 

という質問に答えてみたいと思います。

 

それはズバリ、基礎練習です。

 

基礎練習というと、例えば、

16分音符をタカタカ〜〜〜と綺麗に延々と叩くことだったり、

チェンジアップで、4分音符から32分音符を行ったり来たり、

4種類のパラディドルを全部繰り返したり、

ツーバスを継続したまま上半身だけリズムパターン変えたり・・・

 

はっきり言って、いくらでも作れちゃいます(笑)

 

なので重要なポイントとなるのは、

無数にある方法の中から

自分にとって本当に必要な基礎練習を選べるかどうか?

という所です。

 

 

で、それが必要かどうか判断するための基準といいますと・・・

 

1、その基礎練習の先に、自分が表現したいフレーズや曲があること。

2、今の自分の実力では、ギリギリ叩ける事の出来ないテンポ。

 

この2つが大きな基準になります。

1は当然ですが、

2に関して言うと、

基本的にはテンポをめちゃくちゃ遅くしてやると

どんなフレーズでもほぼ叩けますから、

叩けなくなる速さのテンポをまず見つけましょう。

 

そして、難しいテンポを自分で把握して、

日々コツコツと繰り返し実力をボトムアップさせる。

というのがベストですが、

 

これがまた結構しんどいわけですね(笑)

 

難しい基礎練習って毎日続けるのは、

意外とモチベーションが必要になるんです。

 

だって、曲を練習するよりも面白くないし、

それに過去の自分では叩けなかったフレーズに挑戦していくわけですから

当然負荷が高くなります。

 

 

ということは、

相当強いモチベーションが自分の中にあること。

 

このポイントが絶対必要になってきます。

 

いつぞやのブログに書いたような気がするので、

繰り返しになりますが、

モチベーションというと

精神的な問題なので軽視されがちですが、

 

練習法などの方法論よりも

数百万倍大事な要素です。

 

世の中にはいろんなノウハウがありますが、

全てはモチベーションがあってこそ質が保てるというもの。

 

強いモチベーションがあるからこそ、

人と同じ練習法をしていても、

結果が出やすかったりします。

 

 

じゃあ、あなたのドラムを叩くための

モチベーションとは何でしょう?

 

ここであなたに質問です。

 

・あなたがドラムを演奏したいと思うようになったキッカケは何ですか?

・あなたはなぜドラムを続けるのですか?やめたいと思わないんですか?

 

この答えがあなたが毎日続けていく練習のモチベーションです。

 

全てはここから始まりますので、是非考えてみて下さい。

少しはやる気が出たのではないでしょうか?

 

 

ということで、今日はこれにて!

 

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す