ドラム上達のコツ【思考の柔軟度を上げる】

ドラム上達法

今日は、僕の今までの経験則からのアドバイスです。

 

勉強が出来る人や仕事が出来る人、

楽器が凄く出来る人はほぼ全員、思考が柔軟な人でした。

 

例えば、

今自分がやっている方法よりも優れた方法があれば、

新しい方法をすぐさま採用する。

 

といった感じです。

 

どんな分野でも成長が遅い人は、

無駄なこだわりや癖にとらわれているパターンが多いです。

 

 

「じゃあこだわりは持たない方が良いんですか?」

 

となってしまうと本末転倒。

 

こだわりは持つべきです。

 

何にこだわりを持つかと言うと、

 

「今現在、最高だと思っている方法論」

についてです。

 

「今現在」という所がポイントです。

 

ということは、内容はどんどん更新していって大丈夫、ということです。

 

 

当たり前ですが、

初心者のうちから、

最高の方法を選べる確率はかなり低いと思います。

 

楽器を始めて間もない事は、

8ビートを叩くだけでも、

身体がガチガチに力が入ってしまいますから、

最初は誰でも間違った方法論でチャレンジすることになります。

 

だからこそ、良い方法を探していって、

少しずつ前に進むことは重要なんですね。

 

そして、今の叩き方が絶対に正しいと思い込ま”ない”ことが重要です。

 

常に良い方法はないか?と探し続けるようにしましょう。

 

この柔軟な姿勢を持っていれば、

誰にドラムを習う事無く、

メキメキと上達することが出来るでしょう。

 

止まっていてはダメ。

思考停止は時間の無駄です。

 

というと、いかにも頭を使って、

ネガティブでしんどいイメージを持ってしまうかもしれません。

 

違うんです。

 

常に良い方法を探して、上達していくというそのプロセスを

心の底から楽しんでください。

 

ネガティブなモチベーションでの脳の動きより、

ポジティブなモチベーションでの脳の作用は、

よりクリエイティブで、

しっかり頭が働いてくれるんですね。

 

なので、

今現在ドラムが上達しなくて悩んでいる人は、

そこで立ち止まってしまわずに、

改善出来る所をポジティブに探すようにしましょう。

 

今の叩き方をある程度捨てて、

他のドラマーの良さそうな叩き方を真似してみたら、

意外とすぐに上達するものですし、

 

その時の快感を覚えておけば、

人間というのは快感が好きですから、

良い習慣が出来るキッカケとなるでしょう。

 

思い込みに囚われずに、

楽しんで取り組んでいってくださいね。

 

ということで、今日は終わります。

 

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す