想像力を鍛えろ!

スネアドラム

あなたは、練習をする時に、

その練習をマスターした先にどんな状態になっているか、

想像出来ているでしょうか?

 

この想像力というのが重要でして、

「必ず〇〇が出来るようになっている。」

という自分の姿を明確にイメージ出来ていることは、

モチベーション的にもかなり背中を押してくれます。

 

 

というのも、行動経済学で例えますと、

 

50%の確率で、100万円もらえるのと、

100%の確率で30万円もらえるのとでは、

 

100%の確率の方を選ぶ人が多くなります。

 

期待値を計算すれば、最初の選択肢の方が優れているにも関わらずです。

 

しかし、これに反証すると、

期待値というのは、ある程度回数をこなすことを前提にしないと意味が無いのですが、

それはまあさておき・・・。

 

 

必然性というものに、人の心は惹きつけるられるようで、

「〇〇をしていたら絶対安心です!」

というような言葉にはとても弱いってのが人情というものです。

 

ですから、

ドラムを練習する時にも、早く結果を出したいなら、

 

「この練習をして、〇〇を出来るようになっている。」

 

という姿を徹底的にイメージすることが必要になってきます。

 

そうすれば、自分の中での基準がぐっと上がるので、

今までは「これくらいでいいや〜。」と思っていた基準では満足できなくなり、

練習の質を自然と上げることが出来ます。

 

 

で、次にこれを実行するコツってのを言ってしまうと、

目標を公言しないことだったりします。

(もちろん師匠とかがいたり、すごく信頼出来る人とか応援してくれる人はOK。)

 

というのもですね、

冒頭で言ったように、

人は絶対が好きなんですが、

 

その絶対を簡単に実行出来る方法ってなんだかご存知でしょうか。

 

それは現状維持することです。

 

そして、現状維持が習慣になっている人というのは、

大多数を占めます。

 

ですから、あなたの周りの人が本当にあなたを応援してくれるとは限らないんです。

 

むしろ目標を言ってしまうと、足を引っ張られる可能性の方が高いのではないかと思います。

 

ですから、このコツをしっかり抑えた上で、

想像力をしっかり鍛えて練習に望みましょう。

 

想像が出来ると、視点がゴッソリ変わるので、

思わぬブレイクするーが起きる事もあるので、

ここは基礎としてしっかりこなしておきましょう。

 

 

では!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す