昔受けたドラムレッスン

ドラムセット

今日はiPhoneをいじっていたら、

昔に受けたドラムレッスンを録音したやつが残っていたので、

聞いてみました。

 

この時受けたのは、2時間のレッスンで、

両足連打がなかなか上達しなくて悩んでいたので、

ひたすらバスドラムを打つ練習していました。

 

この時の僕は、ハイテンポのツーバスなんか叩けるわけもなく、

音量も全然出ていないし、手足も綺麗に合わないという状態でした。

 

そんな状態で、まず始めたことは、

 

ドラム講師がテンポ130くらいのクリックを鳴らし、

それで、最初は、左足を8分音符のバスドラムで刻むこと、というのをやりました。

 

そして、その次は、右足を16の裏で刻むことをやりました。

 

あ、ちなみに、僕はこの頃両足連打は左足スタートでした。

 

そして、それをやった後に、

16分音符のオルタネートでリズムを刻む練習です。

(上半身は8ビート)

 

 

真横にドラム講師に立ってもらって、

ひたすら一所懸命叩いてました。

 

だんだん左足の音が下がってくると、

「左足の音が出てないぞ!」

 

と、お叱りを受け、その次は、

「スネアの音が下がってるぞ!」

 

という、なんともスパルタなレッスンでした(笑)

 

思い出すだけでもしんどいです(苦笑)

 

昔の僕はテンポ130でこの状態だったので、

相当酷いものでした。

 

そして、結局そのレッスンでは、

僕はツーバスはマスター出来ませんでした。

 

もちろん、ふざけたつもりは無く、

本気で受けたレッスンだったんですよ。

 

 

まあそこから1年ほど後に、やっとこさ気付いたことといえば、

 

「フォームがめちゃくちゃ悪かったということ。」です。

 

フォームが悪ければ、いくら練習しても上手くならないという事を

早くから知っておけば良かったと後悔しています。

 

特にツーバスは、フォームが悪ければ、

もう拷問レベルですよ。

めちゃくちゃしんどいです。

本当に疲れます。

 

テンポ130とかのミドルテンポでさえも、

なかなか叩けるようになりませんからね。

 

 

クリックを鳴らしてひたすら練習するのも必要でしょうけど、

それ以前にフォームを確認することはかなり重要です。

 

この部分は実感しにくい所だし、

地味な作業になりますが、絶対落としてはいけないポイントです。

 

 

ということで、

今日は昔を振り返って懐かしい気持ちになりました。

 

それではまた!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す