最初の難関!4分音符と8分音符、16分音符を叩いてみよう!

初心者講座

ドラムの叩く場所と譜面をある程度読めるようになってきたのであれば、

次のステップとして、音符の長さについて学んでおくことが大切です。

 

というのも、それぞれの音符によって叩く場所だけが分かっても

「1発だけ長く叩くのか?」

「連続で叩くのか?」

というように違いがあるからです。

 

今回は、そういった音符の長さについて説明していきますね。

 







最も大切な音符【4分音符】について

 

「4つに分ける音符」と書いて「しぶおんぷ」と読みます。

という事は、1つの小節を4つに均等に分ける長さを持っている音符が

4分音符になります。

4分音符

上の画像の音符は全て4分音符です。

そして、3つの音符の内で一番上の音符はスネアドラム。

その下がバスドラム。

一番下のバツ印の音符がフットハイハットです。

覚えていましたか?

 

これらは4分音符なので、一つの小節に4つ入れる事が出来ます。

 

(細かい事を言うと拍子によって4つ入らない場合もあるのですが、

まだ最初の段階なのでそこは置いておきます。)

 

4分を半分に細かくした【8分音符】について

さて次に8分音符の説明に移ります。

これも書いて字のごとく、「8つに分ける音符」なので

小節の中を8つに均等に分ける音符になりますから、

1小節に8つ入ります。

特徴としては、音符の頭にヒゲが付きます。

8th notes

そして、8分音符を連続して書く時はルールがありまして、

音符の頭を一本の線で繋げるようにします。

8分音符

これはスネアドラムが8分音符で入っているんですが、

横線でまとめられています。

 

なぜ、こうしてまとめるかというと、

実際に譜面を書く時に、ラクだし、見た目もすっきりするからですね。

 

では、8分音符と4分音符を繰り返し叩いてみた例も載せておきます。

さらに音符を細かくした【16分音符】

さて、ここまで読んできたなら

もうお分かりだと思いますが、これは8分音符の半分の長さになりますので、

1小節に16個入ります。

そして表記する時はこのような形になります。

sixteennotes

8分音符と比べてヒゲがもう一本増えました。

そして、連続で記譜する時はこう書きます。

16分音符

1小節に16個も入るので、

いちいちヒゲを書いていたら面倒なので

横線でまとめて書いてしまいます。16分音符の場合は、2本の横線でまとめます。

4分音符と比べた場合は、4倍の音数が入るので、

4分音符一個に対して16分音符が4つという割合になります。

 

ということは、この譜面を叩いてみると

両足のバスドラムとフットハイハットを一回鳴らすごとに

スネアドラムを4回叩くという手順になります。

 

これを使ったフレーズを演奏してみると、こんな感じになります。

 

 

なぜ4分音符で足を入れているのか?

上記で練習フレーズを紹介してきましたが、

スネアドラムで色んな長さの音符を叩いている時に

実は、必ず4分音符で足を刻みながら叩くフレーズ構成にしています。

 

なぜこのように足を入れているかというと、

結局、4分音符を正確に取れていないと

8分音符もズレてきますし、そうなると16分音符も同様です。

 

だから、最初は4分音符を常に意識しながら練習することで

他の種類の音符を綺麗に並べる力も付けていくという意味合いで

足の4分音符を鳴らすようにしています。

 

また、4分音符を最初の内に意識する癖がついていれば

後々曲を演奏した時などにリズムをキープ出来る力にも繋がっていくので

ドラマーにとって非常に大切なスキルを身に付けるきっかけにもなります。

 

ではなぜ、一定のリズムをキープする力が大事かというと、

 

例えば、バンドで演奏する場合があったとして

ドラマーのリズムが乱れがちだと、ギタリストやボーカリスト、

その他の楽器全てが不安になり、落ち着いて演奏出来ませんよね。

 

そうなんです。多人数で演奏する場合は

ドラマーが発するリズムに全員が合わせて演奏するわけですので、

ドラマーの役割、責任は非常に大きいですし、

とにかく基礎のリズムキープ力は鍛えておかないといけないんですね。

 

ということで、今回ご紹介した練習フレーズにも

挑戦してみてくださいね!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す