楽器の上達を遅れさせる6つの原因とは!?

ドラム上達法楽器というのは、向き不向きがあったりして上達するスピードも人によって違ってきます。
全く同じ楽器で、全く同じ教則本を進めていたとしても
微妙な差が出てきたりします。

今回の記事では
「それらの差がどこから生まれてきているのか?」
というテーマについて書いていきたいと思います。

原因1「分析力」

上手い人は、自分の演奏を録音・撮影していたりして、
どこを改善すべきかを探す作業を必ず行なっています。

ちなみに僕の経験上、上手い人というのは、
もの凄い特別な練習法をしているわけではなく、
自分自身の演奏を分析しながら、







時には謙虚に反省して改善していくという
コツコツ作業をしっかり行なっている人が多いです。

原因2「人前で演奏する機会がない」

バンドを組んでお客さんを呼んだりしたら、
やっぱり良い演奏を聴かせてあげたいと思うものです。

そういった気持ちがあれば、
いつもは見逃してしまうような細かいミスにも目が行くようになり、
練習の質も上がりやすい状態になるでしょう。

ちなみに、これを応用した練習法が
「人前で演奏するイメージ」を想像しながら練習する方法とか
「客席に好きな異性がいる事」を想像しながら練習する方法がありますけど、
そんな妄想で効果上がるなら、ラクなもんですが実際は・・・(苦笑)

原因3「プライド」

完璧主義で先へと進みたがる人は、レベルの高いフレーズや複雑な練習法が大好きです。
それが上手くいけば良いのですが、レベルが高すぎて失敗した場合は一気に練習がはかどらなくなります。
でも、プライドが高いゆえに練習法のレベルは下げたくない・・・。と考えてしまって、
先へ進めず、その間に抜かれていくタイプがあるんじゃないかなと思っています。

原因4「練習法の意図を理解していない」

練習法というのは、それがどんなものであっても
作成者がいたからこそ存在するものです。
ですので、その練習法が作られた経緯というものが必ずあるはずで、
練習をする際には、意図を理解すると効果が上げやすいです。

例えば、手足を同時に鳴らす練習法があったとすれば、
バスドラとスネアを同時に鳴らすよう意識して練習しますよね。
一方で、その意図を無視して譜面だけをなぞって叩いているだけでは、
ちょっとズレていても気にならないし、改善する気にもなれません。

原因5「手段の目的化」

このケースは実は多いかもしれません。
例えば、レッスンを受けていて次の課題を貰った時などです。
「これを演奏出来れば、先生や親に褒めてもらえる。」
という感じで、譜面の中身なんてほってらかし。
でも一応練習はします。
自分自身のスキルが上がる事より
承認欲求を満たす事が優先されてしまっているイメージです。
解決策としては、自分が本当に好きな目標を立てると良いかもしれません。

原因6「目的が曖昧」

楽器を演奏する目的は人によって様々で、
趣味の範囲で楽しんでいる人もいれば、本気で取り組んでいる人もいますよね。

「趣味でやってるだけだから、大した目標などはない。」
「楽しめればそれでいい。」
と考えてしまう気持ちもわかりますが、
目的がしっかりあった方が上達も実感できて面白いですし、
自分のやりたい音楽と目標を慎重に決めて合致させた方が
やる気も出て尚更楽しいと思います。

結局、趣味とか本気とかいうのは「建前」でしかありませんから、
どういう理由にしろ目標を定めて取り組んでいった方が
より音楽を楽しめるんじゃないでしょうか。

以上で、6つの原因を挙げてみました。
これらを読んで、自分自身の気持ちと向き合ってみれば、
もし上手くいかなかった時の軌道修正が速やかに出来るかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す