楽器をしている人にとっての醍醐味の一つ

音楽をしていて、「すごく楽しいと思える瞬間っていつだろうな・・・」

考えていてふと一つ思い浮かんだことがあるので書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

楽器を練習している時で

譜面を見ながら演奏していると

「このフレーズ叩くの厳しいだろうな〜。」

 

と考えながら演奏することは良くあることだと思います。

そして案の定、身体がついていかずに

失敗してしまうっていうのは何の変哲もないことなんですが、

 

でも、ごくたま〜〜〜に

上手く演奏できちゃうこともあるわけです(笑)

 

このように頭では無理だと感じても

身体がハードルを乗り越えてくれることってあるんですよね。

 

僕はこの瞬間を物凄く楽しいと思うわけですけど、

皆さんもこんな経験ありますでしょうか?

 

 

普段からしっかりと基礎練習を行っている人であれば

きっと理解してくれるはずだと思います・・・たぶん(笑)

 

 

で、これに付け加えて、

もう少し深く踏み込んで考えてみるとします。

 

 

いろんなテクニックを習得する際に、

頭で理解することを優先させるのか

身体に染み付かせるのを優先させるのか

っていう所もコントロール出来るようになると

とても良いです。

 

 

だいたい悪い癖を治したいという場合は、

鏡でフォームを確認したりして頭ベースで進めることが多いかもしれないです。

 

逆に、スピードを上げたりしてテクニックを磨く系は

身体ベースに考えることが多いですね。

例えば、ひたすらクリックに合わせて練習するようなイメージです。

 

 

こんな感じで2つの面からアプローチして

練習を組んでいくと効率良く上達出来るかと思いますので、

ぜひ色々と試行錯誤して頂ければと思います。

 

結構抽象的な内容になってしまいましたが、

なんとなく参考にしてみてください(苦笑)

 

もうちっと具体的な練習法とか

伝えられたらわかりやすくて良いんですけどね(汗)

 

では以上です!!!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す