練習が続かない理由とその心理

嫌われる勇気

最近売れまくっている

【嫌われる勇気】を買ってみました。

アドラー心理学を対話形式でわかりやすく書いている本です。

 

まだ途中までしか読んでいないのですが、

これをテーマに一つ文章を書いてみます。

 

この本では、

自分の現状は過去の経験の積み重なりによって出来ているのではなく、

今現在の自分自身がその現実を選択しているという考え方です。

 

例えば、

自分が鬱っぽい状態になっていて何もやる気が出ないのは、

自分に才能やスキルが無いから、ということじゃなく、

 

自分がその鬱状態を望んで受け入れていると捉えます。

 

そして、

やる気がなく行動に移せない理由と、

それを裏付けている心理としては、

 

行動してしまうと、もし失敗した時に

可能性が閉ざされた自分が明確になってしまうから

あえて現状維持しているという感じです。

 

そして、現状維持をしている事のメリットがもう一つあって、

言い訳を用意しておけることです。

 

「○○しておけば、出来たのに・・・」

「○○しなかったから、失敗したんだ・・・」

 

こういった言い訳を用意しておくことによって、

 

もし失敗した時に、自分の「実力そのもの」ではなく、

「行動しなかった事」に責任を転嫁できるので、

あえて、やる気が出ない状態を自ら望んで選んでいるという感じですね。

 

こういった心理が裏付けとなっていて、

学習や練習の効率がどんどん悪くなっていくというわけです。

 

挙句の果てには、

「やれば出来るんだけど・・・」と自分に言い続け、

結局なにも行動を起こさず、

歳を重ねてしまうっていうパターンも多いのではないでしょうか。

 

じゃあ、この原因はどこから来るのかというと、

 

十分な承認欲求を得られていなかったりだとか、

劣等感、インナーチャイルド・・・

などなどが考えられるでしょう。

 

ただ、はっきり言っておきたい事は、

挑戦して失敗するっていうのは、

可能性が閉ざされる事ではなく、

どうやったら失敗するかっていう

貴重な経験値を得ることにつながります。

 

ということは、失敗することって、

良い結果を出すための必須項目なので、

成功確率を上げるために役立つ知識として非常に有効なものとなります。

 

ただ、失敗することに対して、

なぜか恐怖の感情が関連付けられている人がどうも多いようです。

 

その一つの理由としては、学校教育など含む過去の経験で、

誰かから言われた事をひたすら実行することしかやってこなかったからでしょう。

 

今まで自発的に行動することをしなかったから、

もし失敗した時のことを考えると、

不安でしょうがないという状態になってしまっているんでしょうね。

 

しかし、

経験値を蓄積していかないと、

上手くいかないのは事実なので、

迷った時はぜひ飛び込んでみることがおすすめです。

 

「失敗を恐れるな!」

と、情熱的に言う人もいますが、

 

僕の価値観から言うと、

「失敗して経験値を積まないと、何も前に進まない。」

 

と考えているので、

別に暑苦しい情熱論に頼る事もなく、

淡々と当たり前のように失敗していくようにしています。

 

ということで、まとめますと、

いまいち日々の練習へのモチベーションが保てない時は、

こういった自分自身の心理と向き合ってみて、

自分の弱さや依存心が原因で練習がはかどらないのではないか、

という観点から考えてみると、新しい発見があるかもしれません。

 

目標がぶれていたりして、モチベーションが低いと、

結果を出すことに対しても臆病になってしまうので

しっかり自分と見つめ合っていてください。

 

補足ですが、

本田健さんの本で

「成功する事に対する恐怖は、死に対する恐怖と同じくらい大きい」

と言っていました。

 

一見、結果が出せないことの方が恐怖感がありそうですが、

結果を出すことの方が恐怖って大きいんですよね。

(まあ、人にもよりますが・・・)

 

もちろん、これを読んでくれてるあなたには、

ぜひドラムで良い成果を残していって欲しいと思ってますので、

頑張って練習していって下さいね。

 

ということで、また!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す