練習時間に対するぶっちゃけトーク

練習法

若い頃って特に、

練習時間とか勉強時間をそれとなく自慢しあう雰囲気って

ありましたよね。

 

「毎日8時間ギターを練習してます!」

「昨日は10時間も勉強した!」

という話を聞いたら、無意識に

「おお、凄い!」

って褒め合うような反応とか。

 

いやいや、凄くないから。

 

その8時間の中で、

何を習得したかが重要なのに、

なんで”時間”を聞いただけで凄いっていうのでしょうか。

 

1つの練習法を繰り返しただけで過ごした8時間なんか、

全然凄くないです。

 

 

まあ初心者ならそれが良いかもしれませんが、

ある程度経験値がある人が、そういう事をやっていたらヤバいです。

 

 

練習とはスキルや知識を習得するためにするものなので、

同じことを習得するなら、

時間は短い方が良いに決まっています。

 

さっさと習得した方が次へいけますからね。

 

だから、時間を沢山かけた方が偉いというのは、

危ない思想だと僕は思っています。

 

それよりも

いかにスマートに学ぶか、

いかに効率を優先させられるか、

という要素の方が何倍も重要です。

 

 

そのためには、

 

今日の練習で何を得たか、

自分の改善点を発見出来たか、

 

同じ失敗を2度と繰り返さないように

このような事を逐一まとめたりする事が、

大事になってきます。

二度手間は時間がすごく勿体無いので。

 

もし、ダラダラと同じ事を練習する癖がついてしまっている人は、

ここらへんの習慣から改善してみてはいかがでしょうか。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

それでは!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す