脳の機能とドラムのテクニック

ツインペダル

当HPの運営を始めた頃から2年たった今でも

未だによく来る質問があるんですが、

それはどんなものかというと、

「ツーバス連打の時の感覚って貧乏ゆすりをしているような感覚ですか?」

という質問です。

 

その質問の回答としては、

「違います。1打1打しっかり打っている感覚があります。」

というごくごく普通な形になります。

 

上記のような質問は既に何度も回答しているんですが、

まあ一応・・・

質問してくれている方の気持ちもわからないでもないです。

 

なぜかというと、僕自身もそう思っていた時期があったんですよね(苦笑)

 

その時の僕の愚かな練習方法としては、

無意識にピクピクと動かす事で連打を打つ練習を

延々と繰り返していました。

まあ言わずもがな、結果は出ませんでしたが・・・。

 

そういう間違った感覚の習得を目指して練習してしまうと、

いつかは軌道修正をしなければ延々と結果が出ず、大変な事になります。

 

これには深い理由がありまして、

その理由は、

「意識は自分にとって必要な情報しか拾ってくれないから」です。

 

どういうことかというと、先ほどの例で言えば

「ツーバス連打は貧乏ゆすりのような感覚で打っている」

と思い込んでいる状態ですから、

貧乏ゆすりをマスターするための情報しか意識は拾ってくれません。

 

しかし、ツーバスを習得するためには

貧乏ゆすりをマスターする以外にも処理すべき情報が沢山あります。

 

例えば、音量や音符の精度が適切かどうか、

身体動かし方やバランスなどが崩れていないかどうか、

その他もろもろ・・・

 

これらの様々な情報を処理して

正しく身体を動かしていく必要があります。

 

なので、おそらく貧乏ゆすりのような

無意識に任せた方法での習得は

十中八九失敗するでしょう。

 

したがって、ツーバス連打をマスターするには

ゆっくりなテンポから始めて1打1打の感覚を大事にし、

出来るだけ身体の感覚や音符の精度を意識に上げて

正しい感覚で処理できるように意識した方が良いです。

 

あと、ここまで丁寧に書く必要もないかと思いますが、

一応「ゆっくりなテンポから始める理由」を書いておくと、

身体のバランスやスティックの動き

ペダルの動きを凄く敏感に感じる事が出来るからです。

 

テクニック的に余裕ができる分、

ハイテンポの時よりも多くの情報が意識に上がってきますよね。

 

本当はハイテンポの時でもそういった情報が入ってきているんですが、

余裕が無いのでカットされてしまうんです。

 

ここがとても重要な部分で、

 

実は意識に上がる情報というのは、

自分の中に入ってくる情報の

だいたい100万分の1ほどしかありません。

 

ちなみに意識に上らなかった情報は、

だいたい無意識が勝手に処理してくれています。

 

なので、ただドラムを叩いているだけでも

実は多くの情報が入ってきていて、

 

例えばお尻とイスの体重のかかり具合とか

視覚に鼻の頭が映っている事とか

体温を調整するために汗を分泌していたりとか

頭をバランスよく支えるために首の筋肉を調整していたりとか・・・

 

書き出せばキリがありません。

 

しかし、それらの情報は意識的に処理をする事に意味がないと認識されているので、

無意識が勝手に処理をするという流れになっています。

 

でも、お尻とイスの圧力のかかり具合というのは、

身体のバランスを保つためのひとつの重要な情報になったりします。

 

例えば、身体のバランスが悪い人は

ドラムを叩いた後に

片方のお尻だけがヒリヒリしたりします。

(昔の僕もそうでした。苦笑)

 

僕はその情報を得て身体のバランスの悪さを認識し、

左右のお尻にかかる体重の負担を均等にしたら

バランスも良くなりましたし、

ツーバス含め演奏全体の安定感も増しました。

 

といっても、身体のバランスを直すのは、

別にお尻からの情報じゃなくても良いです。

 

腰の力みを意識するのでも良いし、

左右のフォームを整えることでもかまいません。

僕はただお尻だったというわけで・・・(笑)

 

貧乏ゆすりをする練習をしていた時は

お尻の感覚なんか全く意識に上がってなかったのに、

その情報を必要だと認識した時に

意識に上がるようになり、

そして、それが結果的に上達に繋がりました。

 

これらの事から学べる教訓は、

ドラムの練習をする時に

「正しい感覚はどれか?」を考える事は凄く重要だという事です。

 

現状がどんなに下手くそであっても、

必要な情報は必ず入ってきています。

 

しかし、事前にそれを必要と思っているかどうかで

得られるものは全く変わってきますし、

その後の練習の成果も大きく変わってきます。

 

という事は、厳しい事をいうと、

「貧乏ゆすり」のような感覚を前提としている時点で

ほぼ負けは確定しているんです。

 

 

では、こういった問題に対処するにはどうしたら良いか?

 

ひとつだけコツをお教えしますと、

「アンチテクニックの立場を一時的に取る。」

という事です。

 

どういう事かというと、

既存のテクニックに対してアンチ(否定)の立場を取ります。

簡単に言うと

「ダブルストロークはクソ」

「ダウンアップ奏法はクソ」

「モーラー奏法はクソ」

「スイベルテクニックはクソ」

全てのテクニックはクソだという風にラディカルな立場を取ってみます。

無理やりですが(笑)

 

それらの感覚を捨ててしまったら

1からスティックの感覚やペダルの感覚を組み上げるしかありません。

 

こうしてゼロベースで思考をしていくと

どの情報が必要か再度思考しなければいけませんから、

その結果多くの情報が意識に上がってくるので

「この動きは無駄なんじゃないか?」

「これはどう考えても必要だ!」

という様に判断出来るようになります。

 

この過程を経験すると、大きなメリットがあって

「なぜダウンアップ奏法が必要なのか」など

既存のテクニックに対して深い理解が得られるようになったりします。

 

それ以外にも肘や手、指の動きなど細かい所も認識出来れば

素晴らしい情報を得られるかもしれません。

 

ぜひ試してみてください。

 

ということで、無意識とドラムの上達についてお話してみました。

 

参考になれば嬉しいです。

 

それでは以上!

 

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す