行動を前提にすると効率が上がる。

練習法

今の時代って、いくらでも知識を蓄えることが出来ます。

本とかインターネットを見てるだけで、膨大な量の情報が手に入ります。

 

だから、自分にとって必要な知識を手に入れることは、

そこまで時間がかからないです。

 

 

ただ、注意して欲しいのが、

 

いくら勉強をしても、行動しなければ、

それは、

 

勉強をしていない人と何ら変わりはありません。

 

行動しないのならば、いくら勉強をしても、

それに掛けた時間は全く無駄なものになってしまう、ということです。

 

 

それって、時間をゴミ箱に捨ててるのと同じことですから、

とてももったいない事です。

 

当たり前ですが、時間に可逆性はありませんから、

今より若い時間はもう2度とやってきません。

 

 

だから、勉強をするときは、どういう風にそれを生かすかを

同時進行で考えながら、進めてみて欲しいです。

 

 

結構こういう人いるんですが、

 

モーラー奏法を知ってるとか

いろいろ練習法を知ってるけど、

やってない人。

 

その行為は、自分自身の価値を下げていってます。

 

だから、行動を前提として学ぶ。

そして、学べば、行動の質も上がりますから、

 

その繰り返しをぜひ続けていきましょう。

 

 

ということで、今日はこれにて!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す