長谷川浩二さんの名言

ドラムセット

いつぞやのドラムマガジンに書いていた言葉ですが、

 

「小さくてもしっかりした音を鳴らす。そうしないとビートが出ない。」

 

という長谷川浩二さんの言葉が載っていました。

 

やっぱり小さい音を出すのって、

大きい音よりも目立ちませんから、

意識がそっちへばかりいってしまって、

細かい音符は雑に扱ってしまいがちです。

 

しかし、その細かい音符も同様にしっかり意識して演奏すると、

しっかりノリのあるビートを叩くことが出来やすいです。

 

昔の僕は、相当雑なドラマーでしたから、

「凄い人は小さい音にまで気を使ってるんだなー。」

と感心したものです。

感心しただけで、あんまり参考にしませんでしたが(笑)

 

 

今になって、やっと重要さがわかるようになったわけですが、

 

小さい音符でもしっかりした位置に入れられると、

存在感がしっかり出るんですよね。

 

なので、音が小さい音符でも

しっかり丁寧に扱ってあげる事を忘れないようにしましょう!

 

 

ということで、今日は長谷川浩二さんの名言でした!

 

それでは!

非公開のドラム講座をプレゼント中!

gift
合計約1時間の
限定ドラムレッスン動画を公開しています。
受講はいますぐ無料で出来ます。

>>受講はこちらをクリック<<

コメントを残す