努力すること自体が目的になってませんか?

ドラムセット

どんな物事でも、努力をする事は大事ですが、

 

手に入れたいスキルやモノがあるからこそ、

 

それは続けていると自分の力になります。

 

しかし、物事を長く続けていればいるほど、

 

時折、努力をすること自体にモチベーションが保てなく時ってありますよね。

 

その原因のひとつを挙げると、

人っていうのは努力を続ければ必ず成長するものなので、

 

それに伴い、過去に目標としていたものが段々と色あせてきて、

モチベーションを保てなくなるという事があるでしょう。

 

これはあなただけではなく、僕にも起こることですし、

誰にでも起こりうることです。

 

そこで、新しい目標を設定することが出来るか、

そうすることに対して面倒くさいとかネガティブな意見を持たずに

取り組めるかどうか。

ここが大きなポイントになります。

 

この作業が出来ないなら、

もしかしたら、

今やっていること、やろうとしている事が、

 

実は他人から勧められただけで

本当はそんなにやりたい事じゃなかったりするとか、

 

何か心のストッパーになっている原因が見つかるかもしれません。

 

そうなると、努力をする方向性がどんどん逸れていき

練習をする時間を取ってはいるけれど、

なんの充実感もない時間を過ごしてしまったりするかもしれないので、

 

たまには目標の再設定をしてやるのもいいでしょう。

 

絶対に正しい目標というのは無いので、

自分が一番満足出来そうな目標というのを常に探しておくようにしましょう。

 

 

今の目標に魅力が無くなってきたのは、

あなたが成長して目標が低く感じるようになっただけかもしれないので、

もしかしたら、さらに成長出来るきっかけになるかもしれませんね。

 

それでは!

バイブル購入者限定で新しい動画を撮ります。

撮影する動画は、2つ

・フットワーク解体新書(名前は仮タイトル)

・理想的なスティックワークについて

 

どっちもかなり重要な内容になってるんで、この2つを学んでもらうと、ドラマー人生が激変するかもしれない・・・

と言えるくらいに、インパクトがあるはず。

まだ、計画の段階ですが、期待しておいてください。

 

あと、この2つを撮影したら、ドラムに関して僕が伝えたいことはほぼ全て教えることになるかな・・・と思ったりもするので、

ドラマーズバイブルを値上げして、サポートも減らそうかな〜と思ったりもしています。

 

これもまだ、予定なので、まだ先のことになりそうですが、値上げをするときは、お知らせします。

 

ちなみに、値下げをすることは絶対にないです。

そんなことしたら、先に購入して下さった方に失礼なので。

 

あと、最後にですが、

これを撮り終えたら、バイブルは、全部で7時間超えるかもです・・・。

こんなボリューム満点の教材は他にないです。

値段に対して、コンテンツの量が明らかに多いので、かなりお得です。

興味ある方は、今のうちに手に入れておいて下さい。

 

それでは。

メトロノームについての考え方

メトロノーム

今日の記事はかなり重要です。

なぜかというと、これを意識してもらうだけで

ドラムを上達させるスピードも上がりますし、

練習の質もグッと上げられるからです。

 

それに加えて練習していけばいくほど、

リズムをどんどん安定させていくことが出来るので、

ドラマーなら絶対に最後まで読んでいって欲しいですし、

初心者なら、なおさら集中して読んで下さいね。

では始めていきます。

 

まずメトロノームを使用して練習する前の段階で

意識しておいて欲しいポイントは、

・メトロノームは、合わせにいくものとして考える。

ということです。

 

どういうことかというと、

もしメトロノームのテンポよりモタってきたら、

自分の刻んでいるビートを速めて合わせにいく。

 

一方でハシっていた場合は自分を遅くするという感じで、

出来るだけ合わせにいくように意識することです。

 

こんな当たり前の事を言うと、たぶん

「そんなもんわかっとるわい!」

って思う方がいるかもしれません・・・。

 

ですが!

 

音数が多い曲などを練習する場合、

同じテンポでも、

「詰め込まなければいけない音数」

が増えるわけですよね。

 

そういった場合に、

「音数が多いんだから、とにかく速くフレーズを叩かないといけない!」

という風に捉えて、

メトロノームよりもハシッてしまうケースが多いです。

 

この状態だと気持ちが常に焦ってる状態になりますから、

リズムもたどたどしい感じになります。

 

それに焦りを感じていると、

「メトロノームに合わせること」より、

「メトロノームより遅れないようにしよう! 」

という意識が強くなってしまいがちです。

 

そうなると、

難しいフレーズが来るたびにハシることになります。

これだと他の楽器とは全くグルーヴしないので、

こういった心理面はドラムを叩く前にしっかり考えておいて欲しいです。

 

こういう捉え方の違いだけで、あからさまに演奏に出てくるので。

 

で、今度は逆にモタってしまう場合、

 

これは、

メトロノームは聞こえていないと不安になるタイプかもしれません。

 

どういうことかというと、

メトロノームに完璧にあったドラムを叩くと、

クリック音とドラムの音が重なってメトロノームが聞こえなくなります。

 

この状態が怖いから、モタってしまって、

メトロノームが聞こえるようにモタってしまう癖があるかもしれません。

 

ですが、この癖に従ってしまうと、

常にリズムがブレて芯が無くなってしまいますので、

メトロノームが聞こえない状態を怖がらずにチャレンジしていって欲しいです。

 

他にもモタったり、ハシったりする原因はあると思いますが、

 

最後に、全ての楽器のプレイヤーに意識しておいて欲しいことをまとめると、

 

結局は、テンポ通りに叩くのが一番ラクだということ!

 

これを頭の中に刻んでおいて欲しいです。

 

なぜかというと、

 

モタってしまうと、その分ハシって元に戻らないと、

皆と合わなくなってグダグダになる。

 

ハシってしまうと、その分モタって元にもどらないと、これまた同じ。

 

ということは、

ムダに急いで速く叩いたりしても結局は元に戻さないといけないから、

そんな面倒くさいことするなら、

最初からメトロノームに完璧に合うように練習すればいいじゃん!

ってなるんですよね。

 

それが一番ラクだし皆と合いやすい、良いことずくめ。

 

ということで、

焦っても演奏したりしても、結局はムダになるので、

今日からしっかりテンポを聴いて、どっしりと構えて、

メトロノームに合わせていくように練習していってください。

 

そうすると、音もキレイに並ばせることを絶対意識しなければいけなくなるから、

自然と上達していくことになるし、練習の質も上がります。

 

ぜひぜひ、実践してくださいね。