楽器の上達を遅れさせる6つの原因とは!?

ドラム上達法楽器というのは、向き不向きがあったりして上達するスピードも人によって違ってきます。
全く同じ楽器で、全く同じ教則本を進めていたとしても
微妙な差が出てきたりします。

今回の記事では
「それらの差がどこから生まれてきているのか?」
というテーマについて書いていきたいと思います。

原因1「分析力」

上手い人は、自分の演奏を録音・撮影していたりして、
どこを改善すべきかを探す作業を必ず行なっています。

ちなみに僕の経験上、上手い人というのは、
もの凄い特別な練習法をしているわけではなく、
自分自身の演奏を分析しながら、
「楽器の上達を遅れさせる6つの原因とは!?」の続きを読む…

それで上達すると思っているんですか?

ドラム上達法

どうも、横田です。

本日もドラムのアドバイスをしていきたいと思います。

それで早速内容に入っていくわけですが、
冒頭のタイトルが少し挑発的になってしまい申し訳ありません(苦笑)

でも、こういう風に思ってしまう事が
多々あるというのが実際の所なんですよね。

その理由としては、
ダラダラと同じ練習を続けてしまっている人が多いからです。

以上の内容を聞いて
「じゃあお前はどうしてるんだよ!」

・・・と思われた人もいるかもしれないので、
僕のやり方について説明しますと

「一番効率が良い練習法はなんだろう?」
と考えてばっかりです(笑)

もっとラフな表現をすると、
「どうやったらラクしながら早く上達するだろう?」
と常に考えているので
ぶっちゃけラクをすることばかり考えています。

それもそのはずで、
テクニックを習得出来るなら早いに越した事は無いからです。

でもなぜか、多くの人がラクをしようとしません。

これの原因としては、色々考えられますが、
もしかしたら、常識が邪魔をしているんじゃないかと思う時があります。

例えば、
「最も効率良く上達する方法を教えて下さい!」
「ラクして上達したいです!」

と誰かに相談した場合を考えた時に

「こいつは努力をするつもりが無いダメな奴だな。」

と思われる事が怖くて
効率を求める事を避けてしまう事が
自分の中の常識になってしまっているという感じですね。

それでですね、実は常識のような「思い込み」って
めちゃくちゃ足を引っ張る可能性を持ち合わせているので、
ぜひ冷静になって考えてみて欲しいです。

僕からしたら、効率を求めるということは、
むしろ「この人はなかなかやる気があるのでは?」
と思ったりする所ですけどね(苦笑)

でも、一般的には
「コツコツ努力」というイメージがあまりにも美化されすぎているから
効率を求める事は自動的に悪いイメージに繋がってしまうわけですよね。

ちなみに、
なんでそういう世の中になってしまったかというと

まあ簡単に言えば
結局世の中って努力しない人が多いので
相対的に同じ事をコツコツやる人の方が多くなってしまって

その結果、多数派の人たちが自分達の行為を
慰め合うためにコツコツ努力を美化していったんでしょうね。

もちろんコツコツ努力する事は評価すべき事なんですけど、
あまりにも過大評価されすぎているな〜、と思うんですよね。

そういった世の中で僕が先陣を切って

「それで上達すると思っているんですか?」

とか言うと嫌われてしまうんでしょうね(笑)

でも、一部の人だけが正気に戻ってくれたら
言った甲斐があるというものです。

それでとりあえず、
本日のまとめとして理解しておいて欲しいのは、

「最も効率が良い方法は何ですか?」
という質問と
「自分は努力するつもりが無い。」

という態度はイコールじゃない事は知っておいた方が良いと思います。

むしろ、やる気があるからこそ

「最も効率が良い方法は何ですか?」

という質問が出ている可能性も十分にありますからね。

ゆえに、効率性を求める事に対する「罪悪感」のようなものがあれば
それはさっさと捨ててしまった方が良いと思っています。

僕なんかは「一番効率が良い練習方法はなんだろうか。」
と毎日ラクする方法を考えているわけですからね(笑)

でも実際は全然ラクしようとしているつもりはなく、
やる気もしっかりあって、
めちゃめちゃ努力する気はあります。

そして、本気で効率の良い上達法を探す事によって
結果的に人よりラクしている事になってるんです。

こんな感じで、
あなたにも真っ白な気持ちで効率性を求めて欲しいと思っています。

どんどん効率性を求めていきましょう!

という事で今日は以上です!