15万円以下のドラムセットランキング

面白いコンセプトの動画を見つけたので

ぜひ見てみてください。

5位はTAMAのドラムセットで、素材はバーチ(30秒〜)

4位はDWのメイプル(1分45秒〜)

3位はグレッチのクルミ(3分30秒〜)

2位はmapexのメイプル(5分30秒〜)

1位はPearlのバーチ(7分20秒〜)

 

どれも安価なものですが、

そこまで悪い音ではないですね。

 

僕はYD9000(バーチ)を使ってただけあって、

 

初めに聞いた時は、

1位と5位が良いなあと自然と思いました。

耳がバーチで出来上がってるみたいです(笑)

 

あと個人的に思ったのが、

安物のメイプルってあまり音的に納得出来ない感じでした。

 

メイプルは素材のランクで音に差が出やすいんでしょうかね。

 

まああくまで個人的な感想ですので・・・

 

それではまた!

Maxtoneのアクリルスネア

今日はいろいろ楽器を調べて、

少し気になったのを紹介。

良いか悪いかは実際に叩いてみないとわからないので、そこは知りません(笑)

maxtoneのアクリルスネア。

アクリルって音が少し弱いので、

厚めのフープにしてるというのはなかなかセンス良いですね。

ただ、せっかく透明な胴だし、

クリア系のヘッド張らないともったいない気がしてしまいます。

いや、好きなの張ったらいいですけどね。。。

そういや、昔ラディックのビスタライトのスネア(赤とクリアのスパイラル)を持ってたことがあるんですが、

すぐ売ってしまったことがあります。

アクリル胴のスネアの音はあんまり好みじゃなかったんですよね。

完璧ビジュアルだけで購入した感じでした(笑)

まあそんなこともあったということで・・・

それではまた!

ドラムヘッドの音色の違いについて

どんなヘッドを張れば、

どういった音色になるのかを

事前に知識を付けておくと、

 

その音が、ヘッドによる音色なのか、

ボディーによる音色なのか、

チューニングによる音色なのか、

違いが明確になるので、

ぜひこれは見ておいて欲しい動画です。

やはり、ハイからローまでまんべんなく鳴るのが、

アンバサダーですね。

 

特に何のオプションもついていない一般的なヘッドなので、

中心も端も鳴りやすく、表情が豊かです。

 

ちなみに、ハイよりの音を叩きたければ、端をたたけば出ます。

低音を出したければ中心を叩く。

 

 

なので、真ん中にドットがあるヘッドだと、叩いた時に、

真ん中の部分が揺れやすいので、低域が強めになります。

 

どの部分が揺れやすいか、と考えると、

ある程度ヘッドの音色の法則が見えてきますので、

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

では!