ドラムの上達を加速させるコツ

ドラムセット

どうも、横田です。

最近の朝方は寒くなってきましたね。
しっかりドラムを練習されていますでしょうか。

さて、本日は練習の成果を出しやすくするコツをお伝えしていこうと思います。
よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーー

ドラムを演奏している時に、苦手なスキルや苦手なフレーズがあると、
その部分に入った瞬間、身体が力んでしまってバランスを崩すというのはよくある事ですよね。

そういった状況になった時というのは、
自分にとっての弱い部分がそのフレーズに詰まっていると考えてまず間違いないので、
改めて練習する時はそこを重点的に練習すべきですが、

練習に入る際に今からお教えする事をしっかり意識しておくと
成果を出しやすくなるので、ぜひ実践して欲しいです。

それは何かというと、身体全体が力んでしまっている場合は
「手先の感覚や足先の感覚が鈍感になってしまう」
という事です。

これは、ある程度経験のあるドラマーさんだったら理解してもらえると思うんですが、
身体が緊張したりして固まってしまっている時というのは
前傾姿勢になってしまったり、左右に傾いてしまったりして
バランスが崩れています。

その結果、崩れたバランスを維持するために
必ず身体を力ませる事になってしまうんですよね。

そうすると、いくら頑張って力を入れても
手や足を上手く動かす事に集中できずに
ただ疲れただけで練習が終わってしまうというスランプ状態になってしまうのが
お決まりのパターンです。

しかし、身体の中心部分をいくら力ませても、
ペダルやスティックが上手く動くようにはなりません。

むしろ手先の感覚が鈍感になるので、
改善すべきポイントを見つける事が出来なくなって
結果が出せなくなってしまいます。

ですから、まずは身体のバランスがしっかりとれた状態を維持して
手先、足先の感覚を鋭敏にした状態で練習に取り組んでみるようにすると良いです。

まあ冷静になって考えてみれば、
手先、足先の動きを改善する方が
スティックやペダルを上手く動かす事にダイレクトに繋がりますから、
当然結果は出やすくなりますよね。

従って、身体のバランスが崩れた時というのは
危険信号が点滅しているサインです。

そういった経験がある方は、
まず姿勢から改善していくようにしてみて下さいね。

ということで、そこをしっかり意識した上で
ドラムの練習に取り組んでいって下さい!

それでは、ここまで読んでくださり有難うございました!

ドラムを練習する上での注意点

ドラム練習法

ドラムというのは、

演奏方法が「叩く」というシンプルな動作なので、

適当に練習していた場合であっても、

そこそこのレベルまでは上達しやすいです。

 

そして、楽器の構成もシンプルで、

ギターなどと違って

音階などの理論を知らなくても楽しむ事が出来ます。

 

ただ、この点がドラムを上達していく上で、

落とし穴になりやすいポイントとなってしまうことがあります。

 

どういうことかと言うと、

ドラムはシンプルで楽しみやすいし、

満足感を得やすいゆえに、

 

楽しむことにフォーカスしすぎちゃって、

ストイックに「上達する」ということに対して

おろそかになってしまうケースがあるんです。

 

もちろんそれでいいなら結構ですが、

毎回「今日も練習楽しかったな〜。^^」

で終わってしまうとやっぱり時間がもったいないし、

 

それだとドラム歴がただ長いだけのへっぽこドラマーになってしまいます。

これは単純に考えてカッコよくない。

 

やっぱり人前で実力を発揮出来ることが一番カッコいいし、

それが成長へと繋がっていき、

さらなる喜びを得るきっかけとなりますから、

 

楽しむこともいいけど、

せめて一人の時は自分の弱みとしっかり向き合い

悪い所を改善していく、ということも忘れないようにしましょう。

 

こんな偉そうなことを書いている僕も

昔は練習している時になかなか叩けないフレーズがあった時は、

その部分をビデオで撮影して、

パソコンでスロー再生してどこが悪いか研究する、

というようなチマチマした作業やっていました。

 

この作業はハッキリ言って面倒です(苦笑)

でも、かなり速く原因を見つけられるので、

結果的に時間短縮になるし、

僕にとってはかなり良いドラム上達法となっています。

 

 

特に僕の場合は、ヤマハで習ってたドラム講師から

最悪のフォームを教えられてただけあって、

この作業のおかげでかなり上達した部分もあり、重宝しています。

 

今はデジカメとかでも綺麗な動画が撮影出来たりするし、

スマートフォンでも出来るはず。

 

この作業をしたことがある人と無い人では、

後々かなり差が開いてくるかもしれないです。

なので、

やった事無い人は試しに撮影してみてはどうでしょうか。

 

「腕を動かしてるつもりが全然動いてなかった!」とか

「手首ばっかり使ってた!」

みたいな発見があれば、大したものです。

 

手首しか使ってなかった人が、腕とか指をしっかり動かすようになれば、

音量もスピードもめちゃくちゃ変わりますからね。

 

ということで、ぜひやってみて下さい。

 

それでは、今日はこれにて!

 

ドラム初心者におすすめの練習方法

ドラム初心者

今日のお題は、いつになっても話題となるテーマとなっているような気がします。

それは、

「初心者は何から練習すればいいの?」

っていう問題ですね。

 

これについて真面目に回答すると、

「自分に必要なものを何か?」

という問題を明確にしておくことが第一です。

というのも、楽器を始める人というのは、おそらく

誰か憧れのミュージシャンなどがいるから、もしくは、

好きな音楽を演奏したいから始めたはずです。

 

まずは、それらをがむしゃらに真似て見れば良いでしょう。

僕のドラムレッスン動画なんかもぜひ参考にしてみて下さい。

 

すると、何が必要なのかわかってきますし、

その技術は、自分が一番好きな音楽を表現するためのものなので、

モチベーションが保てます。

 

この部分がかなり重要で、もし、8ビートの曲をチャレンジしたい人に、

「いきなりツーバスの技術を教えてやるよ!」

みたいに言ってもモチベーションが湧きませんよね。

 

なので、始めのうちは、自分がやりたい方向性と

練習方法の方向性が合致しているものを出来るだけ選ぶようにしましょう。

 

今の時代は特に、インターネットで調べればいくらでも用語なんかは調べられるので、

事前の情報チェックはかかさないようにしておきたいものです。

 

そして、次のステップとして、

「音楽をもっと知りたい!」とか「もっとドラムを極めたい!」

という目標に変わり出したら、

全てのテクニックや音楽を分け隔てなく聴いて、チャレンジしていくという風に

少しずつ階段を上がっていけば良いでしょう。

 

たまにですが、他人から言われたことばかりをやって、

自主的に何も練習しない人がいますが、これはもう最悪です。

おそらく上達する見込みはほぼないと言っても良いでしょう。

 

最終的には、自分自身の探究心や好奇心を満たすために、

自分自身の喜びを得るためにドラムを叩くという姿勢が重要になってきますので、

 

いつまでも、ありのままの自分を表現する、という気持ちを忘れないようにして欲しいものです。

 

ということで、今日はこれにて終わります。