ビーターの音色聞き比べ動画

凄くありがたい動画を見つけたので、是非ご覧ください。

ペダルのビーターによって音がどう変わるのかが、

一目瞭然にわかります。

フェルトよりもプラスチックの方が

アタック音(ぶつかった時のバチって音)がハッキリ出てるのはわかってもらえると思います。

 

で、注目すべきは、最後のビーター。(4分45秒〜)

このビーターの音は明らかに他のビーターよりも重厚な音がなってますよね。

 

これはAxisのソニックハンマービーター(Sonic Hammer Beater)というやつです。

ちなみに僕は昔これを使ってた事があるんですが、

普通のビーターよりもバリバリ重かったです。

 

重量があるので、その分ペダルの踏んだ感じも重くなるし、

ビーターがバスドラのヘッドに当たったときの衝撃も大きくなるんでしょうね。

このビーターだけは、他の音と異質な音色です。

(違いがわからない!という人は繰り返し聞いてみてくださいね。)

 

 

ということで、こういう音の違いを頭の中に記憶しておいてください。

きっと役に立つはずです。

 

それでは!

ペダルコントロールの難しさ

ペダル

今日は改めて

ペダルのコントロールについて書きます。

 

ずばり、ドラムのペダルを上手く扱うコツというと、

いかにスプリングを活用するか、に尽きると思います。

 

どういうことかというと、

 

音をしっかり出す場合は、ペダルを踏んだ状態からビーターが

最大限に返ってきた所で踏むということですね。

 

このように、スプリングの力を最大限に利用すれば、

音量とスピードを上げることが出来ます。

 

 

しかし、これが結構難しくて、

足を離してビーターを返す「タイミング」を間違うと、

場合によっては、全然音が出ないということになりかねます。

 

 

上半身の場合なら、スティックをちょっとくらい早めに振り上げても、

簡単に調整出来るけど、

 

ペダルになると、足を上げるタイミングに正確さが求められます。

(スプリングが強ければ特に重要)

 

足を上げるのが遅すぎても、速すぎても

音量が下がるので、難しい所ですよね。

 

もし、いくら頑張ってもバスドラムの音量とスピードを上げられない場合は、

このタイミングをしっかり見直してみると良いでしょう。

 

 

それに加えて、連打する場合、

ペダルを踏んでから、またすぐにペダルを踏まないといけない。

と考えると、ビビって強く踏めない場合があります。

 

しかし、ある程度強く踏んで音量を出してやらないと、

結局ビーターの返りも弱くなるので、本末転倒です。

 

ビーターを返すことも重要だけど、

ある程度強く踏む事も重要になってくるので、

このさじ加減が難しかったりします。

 

ツーバス連打をマスターしたいなら、絶対に乗り越えないと行けない問題ですね。

 

この感覚がしっかりわかっている方は、

たぶん、ペダルはかなり上手に扱えてるはず。

 

しっかり練習してみてください。

 

 

それではまた!

個人的なペダルの選び方

ペダルおすすめ

今日は改めて、

『ドラムのペダルって結局どれがいいんだろう・・・』

と考えてみた結果をつらつらと書いてみたいと思います。

 

ペダルというと、人それぞれ好みがあると思います。

 

スピードキングのような偏心カムが好きだとか

(ちなみに僕はあの踏み心地嫌いです。)

 

ダイレクトドライブが好きだとか、

 

ベルトが好きだとか、なんとかかんとか・・・。

 

ちなみに、僕がなぜ偏心カムが嫌いかというと、

ペダルを踏んだ時のエネルギーが、

ダイレクトにビーターの動きに繋がりにくい感覚がするからです。

 

真円カムなら、なめらかな踏み心地がして、

スムーズにエネルギーが伝わるイメージがあるんだけど、

わかるかな・・・。(苦笑)

 

もちろん偏心ならではの、ビーターが加速する感じが好きなら全然良いと思いますが、

繊細な踏み心地とはほど遠いんですよね。

 

まあ、それはさておき・・・。

 

僕のペダルのこだわりは、実はそんなになくて、

 

ベアリングが良い事とカムだけです。

ツインペダルの場合は、シャフトの性能も重要です。

 

で、やっぱりペダルを買うなら、シングルよりも

ツインを買っておいた方が後々便利なので、

 

シャフトの性能が良くて、ベアリングの性能が良さそうなものって

どれかというと、

パールのデーモンペダルしかないような気がしますよね。

 

特にデーモンのシャフトがかなり好評らしいですね。

 

シャフトの性能が良いと、

メインペダルの踏み心地と、スレイブペダルの踏み心地が

ほとんど変わらないので、

これはツインペダルユーザーにとって、かなり嬉しいんですよね。

 

その上、ベアリングの性能が良いので、ペダルの動きがスムーズです。

ということは、

高速のテンポでも、しっかりビーターを返せるので、

音量アップも望めるだろうし、かなりオススメ。

 

個人的には、

デーモンとAxisのどっちが良いか凄く悩む所ですが、

 

コストパフォーマンスが断然デーモン勝利ですので、

デーモン一択ですよね。

 

うーん、ヤマハとかのペダルを買う人は、

どこらへんにメリットを感じて買ってるのか、すごく気になってきました。(笑)

 

 

・・・が、気にしないことにします。

 

 

それでは、おやすみなさい。

 

P.S

全てのメーカーのペダルの性能を

数値化したらいいんじゃないかな?

とか思ったけど、

そんなことしたら、数値が高いメーカーがバカ売れして、

ペダルメーカーの競合が無くなるから、

ペダルが発展しなくなるかも、と思ってみたり、

 

でも、今思ったら、メーカーにはファンがいるだろうから、

多少性能が悪かったとしても、ある程度は売れるかな。

 

と、ふと思いました(笑)