【続・中級編】いろんな足のパターンに挑戦!

foot

今回は8ビートという範囲の中でいろんな足のパターンを変えた形に

挑戦してみたいと思います。

バスドラムが鳴るポイントを変えるだけで雰囲気が全然違ってくる所も

しっかりと感じて頂ければ嬉しく思います。

 

それと同時に、フィルインについてもいくつか種類を変えながら

取り扱っていきます。

 

「【続・中級編】いろんな足のパターンに挑戦!」の続きを読む…

【中級編】長めのフィルインにもチャレンジしてみよう!

さて今回は、今までよりも長めのフィルインに取り組んでみたいと思います。

具体的なサイズとしては1小節まるまるをフィルインに使うイメージです。

フィルイン1

初級編では、1小節の半分しか叩いていませんでしたが、

長くなる分少しだけ難易度は上がります。

 

ここで特によくあるミスとしては

途中でリズムが乱れてしまうということです。

フィルインを叩いている間でもしっかりとテンポをキープして

安定した演奏が出来るように落ち着いて叩いていきましょう!

 

「【中級編】長めのフィルインにもチャレンジしてみよう!」の続きを読む…

フィルインを入れて華やかな演奏にしてみよう!

フィルイン

8ビートがある程度叩けるようになった後は、

リズムの間に様々なフレーズを入れてみることで、

さらに格好良いドラムにすることが出来ます。

 

また、こういったリズムの間にフレーズを入れることを

「フィルイン(fill in)」と言います。

fillという単語の意味は直訳すると埋めるという意味なので、

そのまんまですね。

 

それでは、このフィルインを使うと

どのようにドラムが変わっていくのかを説明していきたいと思います!

 

「フィルインを入れて華やかな演奏にしてみよう!」の続きを読む…