16分音符の違ったパターンにもチャレンジしてみましょう!

notes

ここまで来たということは、

4分音符・8分音符・16分音符はもう大丈夫ですね!

 

さて、次は音符を「叩かない事」でいろんなバリエーションを出していく

という事にもチャレンジしていきましょう!

 

「16分音符の違ったパターンにもチャレンジしてみましょう!」の続きを読む…

ドラムの上達を加速させるコツ

ドラムセット

どうも、横田です。

最近の朝方は寒くなってきましたね。
しっかりドラムを練習されていますでしょうか。

さて、本日は練習の成果を出しやすくするコツをお伝えしていこうと思います。
よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーー

ドラムを演奏している時に、苦手なスキルや苦手なフレーズがあると、
その部分に入った瞬間、身体が力んでしまってバランスを崩すというのはよくある事ですよね。

そういった状況になった時というのは、
自分にとっての弱い部分がそのフレーズに詰まっていると考えてまず間違いないので、
改めて練習する時はそこを重点的に練習すべきですが、

練習に入る際に今からお教えする事をしっかり意識しておくと
成果を出しやすくなるので、ぜひ実践して欲しいです。

それは何かというと、身体全体が力んでしまっている場合は
「手先の感覚や足先の感覚が鈍感になってしまう」
という事です。

これは、ある程度経験のあるドラマーさんだったら理解してもらえると思うんですが、
身体が緊張したりして固まってしまっている時というのは
前傾姿勢になってしまったり、左右に傾いてしまったりして
バランスが崩れています。

その結果、崩れたバランスを維持するために
必ず身体を力ませる事になってしまうんですよね。

そうすると、いくら頑張って力を入れても
手や足を上手く動かす事に集中できずに
ただ疲れただけで練習が終わってしまうというスランプ状態になってしまうのが
お決まりのパターンです。

しかし、身体の中心部分をいくら力ませても、
ペダルやスティックが上手く動くようにはなりません。

むしろ手先の感覚が鈍感になるので、
改善すべきポイントを見つける事が出来なくなって
結果が出せなくなってしまいます。

ですから、まずは身体のバランスがしっかりとれた状態を維持して
手先、足先の感覚を鋭敏にした状態で練習に取り組んでみるようにすると良いです。

まあ冷静になって考えてみれば、
手先、足先の動きを改善する方が
スティックやペダルを上手く動かす事にダイレクトに繋がりますから、
当然結果は出やすくなりますよね。

従って、身体のバランスが崩れた時というのは
危険信号が点滅しているサインです。

そういった経験がある方は、
まず姿勢から改善していくようにしてみて下さいね。

ということで、そこをしっかり意識した上で
ドラムの練習に取り組んでいって下さい!

それでは、ここまで読んでくださり有難うございました!

「あの人は凄い事をやっているに違いない」という幻想

 

ドラム上達法

 

どんな物事でも共通している事ですが、

大きな結果を出している人は

「努力の基準値が高い」から

成果を出すことが出来ています。

 

これはドラムで例えると

同じ練習法をしていても

深くまで突き詰めている人が上手くなり、

下手な人はすぐに諦めてしまう、

という感じですね。

 

その結果どうなるかというと、

下手な人は上手くいった人に対して

「あの人は特別な方法を使ったに違いない!」

と思うようになります。

 

これ、大間違いですからね(苦笑)

 

上手くいく人って

努力の基準値が段違いに高いから

成果が出ているというだけです。

 

ですから、

下手な人にとっての「凄く努力した!」という事は

上手い人にとっては「えっ!?それくらい普通じゃない?」

というくらい

捉え方の違いが出てきます。

 

そして、最終的に

下手な人は「凄い方法」を探し求め、

いつまでたっても結果が出せないという現状を

長々と続けていく事になります。

 

しかし、無いものを探しても

見つかるはずはありませんから、

どうしようもないですよね。

 

ですから、そういった

幻想を求めてしまう癖がある人は

早めに卒業するようにして下さい。

 

でもまあ、

人っていくらでも言い訳が思い浮かんでしまうもので

その気持ちもわからないことはないです。

(もちろん僕もそういう経験はありました。

しかし、自分のしょぼい練習量のフィルターを通して

上手い人を見れば、「特別な練習をしているんでないか?」

と錯覚してしまいますよね。)

 

この視点を持ってしまうと

いつまでたっても目の前の自分と向き合えないので

練習に対しての姿勢もおろそかになってしまいます。

 

そしてその結果、

自分で自分の足を引っ張ってしまうんですね。

 

再度言いますが、

凄く上手い人って

特別で凄い練習なんかしてないです。ほんと全然普通です(笑)

 

どんな人でも大体は

誰でも知っているような普通の練習をしていると考えておけば

だいたいOKです。

 

ただ、彼らは普通の基準値が段違いで異様に高いです。

同じ練習法に取り組むにしても

いろんなバリエーションを作ってみたり、

スピードを上げてみたり、

手順を変えてみたりと

あらゆる方法で取り組んでいます。

 

そして、忘れてはいけないのが

この「異常な基準値の高さ」ゆえに

結果が出ています。

 

特別な事はな〜んにもしていません。

 

むしろ彼らは、

そんな特別なものを求めるというような

自分を不容易に可愛がる事は

自分の成長を阻害することだと

本能的にわかっているんでしょうね。

 

ですから、

早く結果を出したいなら

さっさと幻想を捨ててしまって

自分自身の基準値を上げる事に集中して欲しいです。

 

そうすると、

いろんな原因や改善点が見えてくるはずだと思います。

 

参考にしてみてください。

それでは!