ドラム特有の悩みその2

ドラム悩み

今日は心理面からドラムの悩みを考えてみたいと思います。

 

練習してるのに、

なかなか結果が出ないパターンというのは誰しも経験することだと思います。

 

そのパターンをざっくり2つに分けると、

1、モチベーションが高くないから、だらだらと叩いてしまい結果が出ない。

 

2、モチベーションが高く、上手くなりたいのに結果が出ない。

 

この2つに分けられます。

 

1は、上手くならなくても仕方ないですね(苦笑)

 

どう考えても精神的につらいのは2ですので、

今日は2のパターンについて書いていきます。

 

 

このパターンに陥る人とは、

当の本人は「自分はまともな練習が出来ている・・・」と

思っているんですが、

実際はただの勘違いをしている人です。

 

これは、潜在的な欲求が影響しているので、

自分自身ではなかなか気付けない所が難しいんですよ。

 

 

どういうことかといいますと、

「自分はモチベーションが高いし、絶対プロになりたい・・・。」

と心の底で思ってるんですが、

 

現時点での自分の実力が追いついていなくて、

でも、理想ではどんどん上手くなっていないといけないから、

練習法のレベルだけどんどん上げてしまって、

 

「実力的に出来ない」練習を続けることとなり、

自分が選んだ練習法に、

自分自身がついていけないという結果になり、

時間がどんどん過ぎていくという流れです。

 

これって若い子とかは特に落ち入りやすいパターンじゃないですかね。

 

それで、解決策としては、

レベルを下げた練習法を考えればいいんですが、

 

理想が高いゆえにレベルは下げたくないので、

それは許せないので出来ないんですよね・・・。

 

 

これは非常に勿体ないケースです。

 

やる気自体はあるんですが、

あっぷあっぷしながら、

自分自身を大きく見せようとしすぎると、

結果は出せないです。

 

わかりやすく言うと、

 

小物だけ立派なブランド品ばっかり集めてる感じとか、

女の子を口説く時に、焦ってやたら自慢話をしてる感じですかね(笑)

 

とりあえず言える事は、

自分自身をしっかり分析して、

何が必要なのかを冷静に判断するスキルが

求められるということです。

 

冷静に客観視するということがポイントですので、

ぜひ考えてみて下さいね!

 

ということで、また!

 

P.S

よく考えたら、ドラム特有の悩みではないですね。

どんなものでも言える悩みということで。

 

 

ドラマー特有の悩みその1

悩み

ドラムを続ける上で、悩みとなるポイントというのは

たくさんあるようですが、

 

実はそんなに多くはないです。

 

なので、早く上手くなりたいと思った時には、

 

他のドラマーがどんなことに悩んでるのか先回りして調べてみることが

役に立つこともあるでしょう。

 

というのも、今現在悩みがあったとして、

それが、自分だけの悩みだと思い込んで、

右往左往して悩み続けるよりは、

 

他人が悩んだケースとその時の解決策を

突き詰めて調べていけば、

 

「他の人も同じ事で悩んでるんだな〜」

という安心感と他人の経験値が得られるので、

 

一人で無駄に悩み続けることを回避出来ます。

 

これって結構大きいポイントで、

一人で悩むと精神的、時間的負担が

異常に大きくなる場合がありますので、

たまには他に答えを見つけることもチャレンジしてみましょう。

 

で、気付いてみたら、

 

「あ、こんな簡単なことだったのか・・・」

 

「難しく考えすぎてたな・・・」

 

という事になる場合って、

 

結構ありますので、

1つの問題に大きな負担を掛けすぎていると感じた時は、

実践してみて下さい。

 

 

で、本題に戻りまして、

ドラマー特有の悩みの中の一つとしては、

指にマメが出来ることですね。

 

 

これは、指とスティックが強くこすれているから

マメができるので、

そうならないように手の動きを

スティックの動きに追従させてやり、

 

なおかつ、

 

太鼓を叩いた時に、

スティックとヘッドの接触時間を短くしてやったりすると、

いいです。

 

 

ところで、

スティックとヘッドの接触時間って皆さん気にしてますか?

 

話によると、

ヴィニーカリウタはこの時間を自由に操ってるそうですが、

 

ちなみに、この接触時間を少なくしていくと、

 

よりオープンで柔らかい音質になるイメージです。

 

 

この接触時間を自由に操れると、

副次的な効果で、

ダブルストロークなどが打ちやすくなるし、

ストロークも綺麗になっていくかもです。

 

 

ということで、

スティックとヘッドの接触時間。

 

しっかり意識して叩いてくださいね。

 

では!