ツーバス上達のコツ

Fleshgod Apocalypseというクラシカルとデスメタルを融合させたバンドの曲を

カバーしている動画があるんですが、かなり参考になるんで、

ぜひ見ていって下さい。

 

演奏は1:10〜。それまでセッティング風景です。

スピード的にもフレーズ的にもかなり難しい曲ですね。

本家のドラマーは高速ツーバスをダブルストロークで叩いてるっぽいんですが、

この人はシングルストロークで叩いてます。

 

高速ツーバスを叩くための一つの条件として、

カカトの位置を上げすぎないことがあると思うんですが、

この人のフォームは凄くカカトが低くて良いですね。

 

ちなみに、なぜカカトが低いのがおすすめかというと、

フットボードと足の裏が綺麗に接触するので、

パワーが伝わりやすくなるからです。

 

ヒールアップのやり過ぎっていうのは、

足首の運動を上手くペダルに伝えにくくなるので、

足全体の動きばかりに頼ることになって凄く疲れてしまうし、

無駄な力みが増えるとウィップモーションも全然使えません。

 

ですので、

より高速を目指したい人は、

ある程度ヒールダウンの状態を維持しつつ練習してみると、

いいのではないかと思います。

 

ってのがツーバス連打の上達法のうちの一つですね。

 

あと、個人的に未だに疑問に思っている事が一つあるんですが、それは

Swivel奏法は本当に効果があるのかどうか?

という問題です。

 

Swivel奏法について皆さんの気になるポイントはおそらく1つしかなくて、

要は、Swivel奏法でしか叩けないテンポがあるかどうか?

っていう所ですよね。

 

足首を左右に振らないと、

絶対にダメな理由を科学的に説明してる人っていないんですよね。。。

 

結局、超高速テンポになったらダブルストロークで叩く方が

効率が良い可能性もありますし、

そこらへんはどうなんでしょうね。

 

現時点では、絶対swivelを使った方が良いとも言えないし、悪いとも言えません。

使えるならどんどん使うべきですが・・・。

 

 

ということで、今日は以上です!